OCEANS

SHARE

2020.02.04

からだ

試してみた! 内臓過労も回復する「週末ファスティング」のススメ

ファスティングを自分でもダイエット目的で始めようとするが、「明日から明日から」と言い訳ばかり。きっと多くの人がそうじゃないだろうか。
わかりますよ、その気持ち。
だから、誰でもできそうなメニューを考えてみました。その名も「週末ファスティング」。月に1度、週末だけ。きっとこれならできる!

週末ファスティング

教えてくれたのはこの人!
一般社団法人日本ファスティング コンシェルジュ協会 代表理事
中嶌歩見さん
日本におけるファスティングブームの立役者のひとり。2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。美と健康をサポートするサロンを運営しながら、今までに3000人を超えるファスティング指導やスポーツクラブのファスティング導入の監修、企業研修、講演を手掛ける。近著に『「アウトプットする」たびに女性はもっと自由に輝く』(評言社)。
https://ameblo.jp/faireuncalin
 
近頃よく耳にする「ファスティング」というワード。国内外のセレブやモデルたちの間で実践者が増えているというが、日本語でいえば「断食」「絶食」の意。こう聞くと「修行僧がやるアレ(汗)?」と憶測する向きも少なくないだろうが、実はこのファスティング、オーシャンズ世代にも数々のハッピーをもたらしてくれる習慣なのである。
「近年、欧米ではファスティングは健康増進や病気の治療として脚光を浴び、科学的な研究が盛んに行われています」。
そう語るのは、日本ファスティングコンシェルジュ協会の代表理事を務める中嶌歩見さん。
「ファスティングは最高のデトックス(排毒)。そもそも私たちのカラダには有害物質を無毒化して体外へ排出する解毒システムが備わっています。しかし、有害物質の量が多くなると、それらを処理しきれなくなり、脂肪などに蓄積されていきます。そんなときにファスティングをすれば、有害物質の侵入を防ぐことができるほか、摂取カロリーが激減するため、不足分のエネルギーを得ようと脂肪を分解し始めます。脂肪が分解されると、蓄積されていた有害物質が遊離して、肝臓や腎臓を経由して体外へ排出されるんです」。
つまり、ファスティングの目的は単なるダイエットだけではなく、日頃休みなく働き続けている内臓に休息を与えることで、カラダの解毒処理能力を回復させ、有害物質の排出を促すことにあるのだ。
「初めてファスティングに挑戦される方は“週末ファスティング”から始めてはいかがでしょう? 食べ物を口にしないのは実質1日のみ。この日も酵素ドリンクは口にするので、思いのほかつらくはないはず」。


2/4

RANKING