OCEANS

SHARE

2020.01.06

あそぶ

トレイル&ランニングショップ店主による“ランニング復帰プロジェクト”とは?

連載「Running Up-Date」
ランニングブームもひと昔まえ。体づくりのためと漫然と続けているランニングをアップデートすべく、ワンランク上のスタイルを持つ “人”と“モノ”をご紹介。街ランからロードレース、トレイルランまで、走ることは日常でできる冒険だ。
   桑原 慶
桑原 慶さんのショップ Run boys! Run girls! は、東京・馬喰町のとある雑居ビルの4階にある。このビルは北欧ヴィンテージの家具店やアートギャラリー、ミナ・ペルホネンのライフスタイルショップなどが入居する、知る人ぞ知るホットなスポットだ。
その周囲にも古くからあるビルをリノベーションした建物が並び、クラフトビールバーや旅行者の集うモダンなホステルが密集し、独自のカルチャーが生まれている。
この馬喰町界隈にいち早くショップを構え、馬喰町ムーブメントの一翼を担ってきたのが桑原さんの店だ。トレイルラン色が強いことでも知られ、ランニングのギアだけでなくカルチャーを発信する場として、さまざまな業界のランナーから注目を集めている。
桑原 慶

東京にもかっこいいランニングショップを作りたかった

「以前はフットサルや飲食関係のビジネスをしていたのですが、それがひと段落したころにランニングと出会い、一気にのめり込みました。きっかけはダイエットのため。自分ひとりで、好きなときに始められる気軽なアクティビティですよね。でも、続けていくうちに周りの人とのつながりが楽しさにつながっていると気が付いて」。
桑原さんが走り始めた10年前は、世の中でちょうどSNSが盛り上がり始めていたころ。
「ランニングアプリを使うと、今日は何km走ったとかいうのがアップされて、それに対して友人から『ナイスラン!』とか反応があります。そうするとモチベーションもアップしますよね。走ることは個人競技だけど、実はソーシャルな側面のあるスポーツだなと感じました。走ることで友達や仲間が増えていく。人生が豊かでより良くなっていく。
トレイルランニングもこうした仲間内のつながりで知り、挑戦してみました。ロードよりもタフな側面がありますから、なおさらこの結びつきが強い気がします。で、コミュニケーションの場になるかっこいいショップが東京にもあるといいなと思い、ショップをオープンさせました」。
桑原 慶


2/3

RANKING