OCEANS

SHARE

2019.12.14

あそぶ

檜風呂まであるカプセルホテルで、泊まらずとも得られる貴重な“体験”

ホテル、いかない?●ハイセンスなカプセルホテルや、体験が売りのコンセプトホテル、泊まらずとも特別な時間が過ごせるシティホテルなど、TOKYO 2020に向けて急速に変わりつつある東京のホテル事情。それをチェックしたら、ねぇ、ホテル行かない?
臭い、汚い、狭いというイメージが強かったカプセルホテルが今、ミニマルホテルやキャビンホテルと呼ばれ、スタイリッシュかつ快適に進化をしている。
青を基調にしたスタイリッシュな外観が目を引く「OUROUR(アゥア)」。
そんななか、この業界に新たに参入したのが日本最古の鞄専門商社として130年の歴史を持つ林五だ。事業譲渡に伴い、浅草橋にある自社ビルをミニマルホテル「CAFÉ/MINIMALHOTEL OUROUR(アゥア)」へとリノベーション。旅行バッグをルーツに持つことから、旅の形が変化した現代において、宿泊を通して新しい体験を提案していくというのがコンセプトになっている。
浴槽に浸かりながら外の木々を眺めれば、癒やし効果も得られそうだ。
そのひとつが大浴場。なんと高級温泉旅館の代名詞ともいえる檜風呂が設置されているのだ。シャワーブースが主流のミニマルホテルで、この体験が叶うとはオドロキ。しかも宿泊費はほかのこの手のホテルと変わらない程度なのだから、満足しないはずがない。
浴場の扉を開けた瞬間に檜の香りがふわ~っと漂い、お湯に身を沈めれば、毎日の疲れが癒されていくのを感じるはずだ。あまりの気持ち良さに、ここがミニマルホテルだということを忘れてしまいそうになる。
しかも、この大浴場はランニングステーションとしても利用できる。ホテル近くを流れる隅田川沿いを、東京スカイツリーを眺めながらランニングし、檜風呂で汗を流す。その後は、1階にあるレストランでビールを片手に京都のおばんざいやつまみを楽しむ……。なんて、泊まらずとも極上のランニング体験ができるのだ。
モノ作りの魅力を体験できるワークショップは、親子の交流の場にもなっている。


2/2

RANKING