OCEANS

SHARE

2019.12.03

ライフ

「プラごみゼロ宣言」した町・葉山。渋谷出身の町長が考えていること

プラごみによる海洋汚染のニュースが多く流れる昨今。2018年の夏には、神奈川県・鎌倉市の由比ガ浜に打ち上げられたシロナガスクジラの赤ちゃんの胃の中からもプラごみが見つかった。
県はこれを「クジラからのメッセージ」と捉え、「プラごみゼロ宣言」を発表。プラスチック製のストローやレジ袋の利用廃止と回収を呼びかけ、2030年までに、プラスチックによるゴミのゼロ化を目指す。
2012年から葉山町長を務める山梨崇仁さん。1977年に東京で生まれ、渋谷区で育った生粋のシティボーイでもある。
2012年から葉山町長を務める山梨崇仁さん。1977年に東京で生まれ、渋谷区で育った生粋のシティボーイでもある。
この宣言に即座に賛同した自治体には葉山町があった。東京からドライブで1時間ほどの距離にある、相模湾に面するこの町は「はやまクリーンプログラム」を独自に掲げ、「プラスチックを使わない町」を目標にするという。
公共施設の自動販売機でペットボトルの飲料を扱わないことに決めたのも、その施策のひとつ。果たして、目指す町の姿はどのようなものか。山梨崇仁町長に葉山の町づくりを聞いた。


2/3

RANKING