OCEANS

SHARE

2019.11.22

ファッション

増田海治郎さんが語る、45歳から似合う黒革アウターとは?

黒革のアウター。それはロックンロールの音がするダブルのライダーズジャケットを、あるいは映画の中のマフィアな男が着るテーラードジャケットを想像するかもしれない。そんなユースやアウトローのためだけのものではない、まっとうな大人の男が似合う・魅了される理由を、個性派論客とともに提案してみたい。

モードな黒革を見て思う
先鋭ブランドはシブく、我々に寄り添う 〜増田海治郎・文〜

ショーでは全身黒のスタイリングだったが、それは40男にはチト厳しいかも。で、合わせたのが慣れ親しんだベージュのチノパン。/セリーヌ
ショーでは全身黒のスタイリングだったが、それは40男にはチト厳しいかも。で、合わせたのが慣れ親しんだベージュのチノパン。上質なニットにTシャツでヌケ感を出せば、ロックすぎないリラックスした雰囲気の出来上がりだ。コート81万円、パンツ7万円、ニット参考商品/すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン 03-5414-1401)
CELINE セリーヌ
渋カジが流行した’80年代後半、それとは違う文脈で黒革のレザーコートが流行していた。どちらかと言うとDCブランドから派生した流れで、なんとなく渋カジ派からはバカにされていたような記憶がある。でも、’90年に日本公開されたガス・ヴァン・サント監督の名作映画『ドラッグストア・カウボーイ』のマット・ディロンは、そんな価値観を一変させた。当時25歳だった彼のレザーコート姿は、刹那的かつ破滅的なジャンキー役という点を差し引いても、異様にカッコ良かった。
さて、エディ・スリマンの手による2シーズン目のセリーヌのショーを見たとき、その変わりようにいささか驚きを隠せなかった。エディのシグネーチャーであるロックテイストは不変だが、往年のフレンチシック(BCBG)のテイストが加わり、ずいぶん大人びた雰囲気になった。
こちらは今季コレクションの2つのルック。全体の雰囲気は紛れもなくロックで、エディ・スリマンそのもの。/セリーヌ
こちらは今季コレクションの2つのルック。全体の雰囲気は紛れもなくロックで、エディ・スリマンそのもの。でもどちらのアウターも、大人でも無理なく着られるサイズ感になっている。エディのセリーヌは、我々に優しいのだ。 © courtesy of CELINE
ただひたすらにスキニー推しだった時代とは違い、サイズ感が細すぎないのもオーシャンズ世代には朗報。この激シブな黒革のハーフコートも、ピタピタ感とは無縁で、いっさいの我慢を強いられない。素材は上質なカーフスキン。’70年代的なエレガンスを感じさせる少し大きめの襟、ウエスタン調のヨーク、シングル3つボタンのシンプルデザインは、ミレニアルズより枯れたオヤジのほうが確実に似合う。
若さは永遠じゃないし、僕らはあの頃のマット・ディロンには逆立ちしてもなれない。でも、エディのセリーヌのレザーコートは、彼の過去の時代よりも、ずっと我々に寄り添っている気がする。挑戦するなら、今でしょ!


2/2

RANKING