OCEANS

SHARE

2019.11.11

車の買い替えを検討中なら知っておきたい、進化した6つの名モデル

探せ! 未来のマイカー候補@東京モーターショー
先日、東京・台場で開催された東京モーターショー2019。「あれは車業界の人が見るものでしょ?」と思っていたら大間違い。次のマイカー選びの羅針盤としても有効である。近い将来の車トレンドと注目車を、現場でキャッチした。
東京モーターショーは決して、未来の車博覧会ではない。向こう1年で発売が予定されていたり、発売と目される注目車も展示され、その実体が発表される場でもある。
「そろそろ買い替え」を検討しているアナタに、リリースが予定されている順に、ニュースな車をお知らせしよう。

「賢いコワモテ誕生」
三菱 eKスペースカスタム


2019年3月、先にフルモデルチェンジしたeKワゴンとeKクロス。それよりもさらに背が高くて室内の広いスーパーハイトワゴンのeKスペースとeKスペースカスタムの後継モデルも、間もなく発売が予定されている。今回の東京モーターショーでは次期eKスペースカスタムが「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」として公開された。eKワゴン同様のコワモテなフロントマスクに、高速道路での渋滞時にはストップ&ゴーもこなす先行車追従などの先進機能が備わる。2019年内に発売される予定。
 

「ミニバンの新しいエースの誕生」
トヨタ グランエース


最近は大迫力のミニバンが人気ゆえ「いつかはクラウン」ならぬ「いつかはアルファード」だけれど、さらに大型&ゴージャスなミニバンが誕生する。全長はアルファードより約350mm長い5300mm、全幅は120mm広い1970mm。各席ゆったりくつろげる3列仕様と、8人乗りの4列仕様が用意されるという。3列仕様の2列目や3列目シートには、飛行機のファーストクラスのようなオットマンが付くという贅沢仕様の予定だ。2019年内に発売される模様。


2/3

RANKING