OCEANS

SHARE

2019.10.25

あそぶ

ドイツの「オリンピック博物館」でTOKYO2020を楽しむ準備運動を

FUN! the TOKYO 2020
いよいよ来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。何かと “遊びざかり”な37.5歳は、 この一大イベントを思い切り楽しむべき。 競技を観るのもするのも、主な拠点となる東京を遊ぶのも、 存分に。2020年の東京を……Let’s have FUN!
突然ですが、ドイツ西部の街、ケルンにやってきました。
ケルン中央駅。ケルンは人口100万人を超えるドイツ第4の大都市だ。
大聖堂で有名な街。
世界遺産にも選ばれたケルン大聖堂。1880年になんと600年の年月をかけて完成。
なぜこの街にやってきたかといえば、ドイツのスポーツ界とオリンピックの歴史をまとめたミュージアム「ドイツ・スポーツとオリンピック博物館」があるから。TOKYO2020を控えた日本人として、スポーツとオリンピックの博物館、興味が湧く場所である。
というわけで駅からライン川沿いを15分ちょっと歩くと、かつての税関と倉庫を改装したという博物館が見えきた。
重厚感を感じる「ドイツ・スポーツとオリンピック博物館」。オープンは1996年。ちなみに隣は「ケルン・チョコレート博物館」。女性の観光客がたくさんいる。パートナーがスポーツに興味がない、という場合はこちらをオススメしよう。
エントランスにはアスリートのモニュメント。内装やディスプレイのデザインも海外のミュージアム見学の楽しみのひとつ。
早速、中に入ると出迎えてくれたのはドイツ・モータースポーツ界の英雄、元F1ドライバーのミハエル・シューマッハのレプリカマシンとレーシング・スーツ。
スキー事故で重傷を負ったシューマッハだが、最近は容体が好転したというニュースも。ちなみに息子、ミック・シューマッハのF1デビューも近いといわれている。
ミュージアムは2フロア構成。1階には過去のオリンピックの聖火トーチのレプリカ展示があった。
TOKYO1964のトーチもありました。


2/3

RANKING