OCEANS

SHARE

2019.10.13

あそぶ

MTBと電動MTBを乗り比べ。フィールドで感じた圧倒的な“電気の力”

いよいよ今回はフィールドデビュー。前回教わったMTB(マウンテンバイク)の3つの基本を土台にしつつ、日本自転車競技連盟のナショナルチーム・コーチである小笠原さんの指導のもと駆け回ることに。
電動MTB(e-MTB)の実力を味わうために、ふつうのMTBとの乗り比べも行ってみた。

小笠原崇裕さん(39歳)●MTBのほか、オフロード版トライアスロン・エクステラをこなすプロ・マルチアスリート。MTB歴は30年。マウンテンバイクU-23全日本チャンピオンを獲得し、プロチームに所属して世界中でワールドカップなどに出場するなど転戦。現在はとくに後進の育成に力を注いでいる。 
 

MTBフィールドのコースとは?

――いよいよフィールドインですね。でも、どんなコースを走るんですか?
例えば、ここ(フォレストバイク)なら、山林の中を走る「トレイルコース」と、主にMTBでトリックなどを練習する「スキルパーク」があります。場所によって仕様は異なりますが、トレイルコースは初級〜上級向けまで揃えているところが多いですね。
コース解説
フォレストバイクの「スキルパーク」。左手には人工的なアップダウンが作られている。それ以外の鬱蒼とした森林部分に「トレイルコース」が配置。もっとも長いコースは約600mだ。
――上級って言葉、胸が高鳴りますね! 背伸びしてみても?
それは絶対にダメです。上級者コースには、高低差が5m位あるところを駆け下りたり、スピードをつけたジャンプが必要な箇所があったり、物理的に初心者では走れない部分があります。認可制にしているところがあるくらい。コースは気持ちのいい場所ですが、危険があることもお忘れなく。

e-MTBの操作はワンタッチ。重量バランスの心配も無用

車体
1972年創業の台湾の自転車メーカー・メリダ製の2台。左は2020年モデルの「BIG.NINE 5000」、右は「eBIG.SEVEN 600」(e-MTB)。
――e-MTBの操作はどうすれば?
操作はふつうの電動軽快車(いわゆる一般車)と変わりませんよ。ディスプレイにある電源スイッチを押すだけ。段階的にサポートのレベルを変えられるので、自分の好みに合わせてください。
――ちなみに、e-MTBって20kg近くありますよね。山道を走るなら、バランスがちょっと心配なのですが……。
基本の「マシンの重心」を意識していれば、大丈夫。ただ、たしかに重量はあるので車体に振られないように注意してください。乗る前はわからないかもしれませんが、意外にこの重量感で操作がしやすい、という人もいるくらいですね。それじゃ、行きましょうか!


2/4