OCEANS

SHARE

2019.09.25

ライフ

道交法改正を視野に。LINEとカーナビの融合で来るかナビアプリ新時代

>連載「オッサンIT化計画」を読む
LINEカーナビ
決済サービス「LINE Pay」を筆頭に、この1年間だけでもサービスの幅を大きく広げているLINE株式会社。2019年9月初頭には、なんと無料カーナビアプリ「LINEカーナビ」(iOSAndroid)の提供を開始した。
カーナビアプリとしては、知名度的にGoogleマップYahoo!カーナビにも匹敵する“超大物”登場といったところだが、その実力はどれほどのものなのか? 執筆時点で最新となるバージョン1.03で使い勝手を試してみた。

カーナビアプリ「ビッグ3」に挑むLINEの勝算はどこに?

常に最新の地図が無料で使える、車に乗る前に設定を済ませられるなどのメリットから、大きくシェアを伸ばしているスマートフォンのカーナビアプリ。ドライバーなら、使ったことがない人のほうが少ないかもしれない。
特にGoogleマップYahoo!カーナビ、そしてカーナビタイムは知名度やシェアにおいて、文字通り国内の“ビッグ3”といったところ。初めてカーナビアプリを使う人なら高確率でそのいずれかを選ぶだろうし、すでに使い慣れている人が、敢えて別のアプリに乗り換える可能性も低いといえる。
スクリーンショット
「LINEカーナビ」の紹介サイト。アプリは、Android版とiOS版が用意されている。
そうした観点からすれば、今回登場したLINEカーナビは、いわばビッグ3に挑む果敢なチャレンジャー。コミュニケーションアプリで知られるLINEとカーナビの組み合わせに、いまひとつピンと来ない人も多いと思うのだが、ビッグ3に挑む以上は、なんらかの“強み”を用意しているに違いない……。
……なんて、大仰なイントロデュースをしてしまったが、実際に使ってみれば、その答えは実に簡単。一言でまとめれば、LINEカーナビ最大の強みは、後述するようにLINEが得意とする“コミュニケーション”関連機能にあった。


2/2

RANKING