OCEANS

SHARE

2019.09.14

からだ

おやつタイムにオフ男がハマっている「ケータイ・タマゴ」とは?|糖質オフ男

糖質オフ男」とは…
「おやつの時間は午後3時」とはよくいったもので、実際ランチと夕食の間の午後3時になると小腹が空いてくる。そしてこの時間帯は、オフィス生活でもっとも危険な時間である。
なぜなら、オフィスにはお菓子が溢れているのだ! 得意先のお中元やら上司の出張土産、はたまた誰かが「おかしのまちおか」で大量に買い込んだハッピーターン! サクっと手に取って、ホイっと口に入れてしまいそうなお菓子の危険があちらこちらに!
そこでオフ男は、その誘惑を断ち切るべく、同じくサクっと手に取ってホイっと口に入れることができる「ケータイ食」を常に持っている。
それが「ケータイ・タマゴ」である! 一応いっておくが、たまごっちではない。
糖質オフ男
 
タマゴは、いわずと知れた健康食品。良質なタンパク質やビタミンを含む高い栄養価、そしてカロリーも100キロカロリーを下回る。ケータイするタマゴはもちろんゆでタマゴだ。生タマゴに比べて若干カロリーが減るだけでなく、栄養価は低くならない優れモノだ。
しかし、タマゴといえばオフ男世代が気になるのが「コレステロール」。血中コレステロール値が高くなると、血管の内壁に余分なコレステロールを付着させてしまう。そういったいわゆる「悪玉コレステロール」が多くなると、動脈硬化を引き起こし、脳や心臓などに影響があると言われている。成人病を意識する人は、ケアしなければならない数値のひとつである。
それもあってか、日本の家庭では「タマゴは1日1個まで!」という自主規制が蔓延している。実際少年時代のオフ男も、ゆでタマゴをいくつも頬張っているとオフ男ママに厳しく叱られたものだ。
しかし、今は違う! 最近の研究では、体内で生成されるコレステロールと食事で摂取する食べ物のコレステロール値に緊密な関係はないといわれている。厚生労働省が2015年に発表した「食事摂取基準」(※)からも、コレステロールの摂取基準(目標量)がなくなった。つまり「タマゴ1日1個説」は、もはや過去の話なのだ。
※「食事摂取基準」……日本人が健康を維持・増進するために摂取するべき各栄養素やエネルギーの基準量で、厚生労働省により5年ごとに発表されている。2010年版では、コレステロールの目標量は、成人男性は1日750mg未満、成人女性は1日600mg未満だったが、2015年版では、コレステロールの摂取基準(目標量)が廃止された。
というわけで、大人になったオフ男は、常に2個のゆでタマゴを携行し、来たるべき午後3時のおやつタイムに備えるのである。ここで、美意識の高いオフ男のケータイ・タマゴスタイルを紹介しよう。
ポイントは「ゆでタマゴケース」。オフ男はコンパクトでスタイリッシュなケースを複数所有している。
定番は、ロゴスの「トレックエッグホルダー」。いわずと知れたキャンプ用品メーカーがアウトドア用に提供している。シンプルかつクリアな見た目は、大人の持ち物として最適だ。
ロゴス
「トレックエッグホルダー」520円/ロゴス www.logos.ne.jp/
さらに、急いでいるときは、エバニューの「2ケ入玉子ケース」がいい。耐熱温度が100度に設定されているので、タマゴをケースに入れたまま沸騰したお湯に投入。ゆでタマゴができたら軽く拭いてそのまま鞄にイン!
エバニュー
「2ケ入玉子ケース」648円/エバニュー http://evernew-product.net/
さらに、自宅でゆでる時間が無いときは、コンビニでもゆでタマゴは売っている。毎日でもいい、糖質オフ生活には、ケータイ・タマゴをぜひすすめたい。


2/2

RANKING