OCEANS

SHARE

2019.09.21

あそぶ

ピザ、しゃぶしゃぶ、かまど飯……人を笑顔にする「男のキャンプ飯」

キャンプは“楽しむ”ものだけど、“魅せる”時代でもある。SNS全盛期、インスタ上で多くのユーザーを魅了する、こだわりを持つ大人たちの「魅せるキャンプ」に密着。
「最近、キャンプの朝食はピザ比率が高い」。朝から手間のかかった贅沢な食事。でも、意外にも冷凍ピザにひと手間かけたものだとか。2019年4月21日、インスタ上に投稿。
キャンプは、個人の趣味趣向がストレートにスタイルとして表れる。音楽や料理、酒など、その形はさまざまだ。
15年前に初めてキャンプをして以来、今ではほぼすべての週末をキャンプにささげる生粋のキャンパー、Takahiroさん。ソロキャンプの場合もあれば、仲間とワイワイ楽しむキャンプも好きだという彼だが、どんなときでも欠かせないのが、自分でこしらえる「キャンプ飯」。
果たして、この料理に魅せられない人などいるのだろうか?
名前|Takahiroさん(40代)
インスタグラム|Takahiro.0214
仕事|会社員
住まい|大阪府大阪市在住
家族構成|妻と息子

まさに垂涎もの! 人を笑顔にさせる「Takahiro飯」

キャンプ仲間から「Takahiro飯」と呼ばれ愛されるその料理たちは鮮やかな見た目で、Takahiroさん自身、「味はもちろんですが、料理を見たときに皆が笑顔になるビジュアルを心がけています」と話す。
「美味しい!」と言わせる前から人を笑顔にさせる粋な料理人、Takahiroさん。自慢のキャンプ飯は「ローストチキン」「りんごのカプレーゼ」「チーズフォンデュ」だという。うむ、人が笑顔になるというのも納得。見てのとおり、かなりの“映え”っぷりだ。
鶏を一羽丸焼きにしたローストチキン。2017年11月2日、インスタ上に投稿。
ローストチキンは一羽丸ごと焼き、にんにくをたっぷり詰める。レモンの黄色とパセリの緑で色華やかに。
“グルキャン”の定番「トリュフ薫るりんごのカプレーゼ」。2018年11月16日、インスタ上に投稿。
赤い皮をあえて残したりんごの上にチーズとバジルをあしらった、Takahiroさん特製のカプレーゼ。トリュフオイルを軽く垂らすのがミソだ。
トロットロのチーズと彩豊な野菜が食欲をそそる。
ひと口サイズの野菜をたっぷり散りばめた中心には、たっぷりのチーズが。皆で囲みながらつつく楽しさがたらまないチーズフォンデュ。
 

年間40泊のキャンプ生活、虜になる理由とは

ハンバーグも得意料理のひとつ。「パプリカをくり抜いてハンバーグのタネを詰めてソテーするだけ」でファルシが完成。2019年6月6日、インスタ上に投稿。
初キャンプは15年前、息子たちの夏休みに出かけた川沿いのキャンプ。年に数回だったのが、最近ではほぼすべての週末をキャンプに捧げる達人になった。その数は年間40泊、まるで移動しながら生活する「キャンプジプシー」である。
「キャンプの醍醐味は非日常を味わえることです。オン・オフを切り替えて思い切り遊び尽くすことで、平日の仕事を頑張る活力にもなります」。
絶景の四国剣山にて、お釜を使って丼飯を調理。こうした非日常がエネルギーに変わるのだ。2019年7月8日、インスタ上に投稿。
Takahiroさんにとって、キャンプは生きるためのエネルギー源。たっぷりエネルギーをチャージするから、月曜日からまだ仕事に精を出せるのだという。
平日にもっとも気になるのは、週末の天気だ。指折り数えながら次のキャンプに思いを巡らせ、週末がくればいざ出発。ザックひとつで行くソロのバックパックキャンプか、ダッチオーブンやアイアンギアをそろえて仲間とワイワイ楽しむキャンプか。そして目指すのは山か、川か。
スタイルも場所も週によって変化する、これこそがTakahiro流キャンプの極意である。


2/2