OCEANS

SHARE

2019.08.30

ライフ

サーファーの車の中はどうなってる? こだわり満点の収納術

>連載「Good Packing Guy」を読む
パッキングと聞いて思い浮かべるものは、スーツケースやバッグがほとんどだろう。しかし、外遊び好きな趣味人にとって、 “クルマ”も大事なパッキングの道具。車種選びはもちろん、ギアの収納方法や持ち運んでいる道具にもこだわりがあるはず。
そこで今回は、特にクルマ移動の多いサーフィンを嗜む趣味人に、その相棒を見せてもらおう。
新川義忠さん
話を伺ったのは、2社の投資用不動産会社の代表取締役を務める新川義忠さん。実は以前もこの連載で、エクストリーム出社を実践するビジネスパーソンとしてバッグの中身を見せてもらった。
サーフィン歴30年の新川さんは、7月にスポル品川大井町にある人工サーフィンスポット・citywaveで開催された大会「Jeep® presents “citywave pro WORLD TOUR in Tokyo”」に出場し、マスターズクラス(40歳以上)で4位を獲得した実力者だ。
2社の社長を務める多忙な毎日の中でも趣味の時間をしっかり確保できるのは、きっとクルマの中に秘訣があるに違いない。
エルグランド

収納も車中泊も叶う、ワンボックスが相棒

新川さんが日々乗っているのは日産のエルグランド。新古車で2年ほど前に購入した。3〜4年に1度のペースでずっとワンボックスタイプのクルマを乗り継いでいるそうだが、それにはこんな理由がある。
「10年以上前はセダンタイプに乗っていました。助手席のシートを倒してサーフボードを積んでいたんです。でも、早朝海に行くことが多く車中泊することもしばしば。積載量とクルマの中で寝られる広さを求めワンボックスに乗り換えてから、ずっとこのタイプを選んでいます」。
また、良い波を求め千葉から茨城まで移動する日もある。そんな日々を送っているため、走行距離は年間5万kmを優に超えるとか。20万kmを超えたタイミングで買い換えることが多いそう。
 
ラゲッジ

いつでも、趣味に没頭するためのクルマ

愛車の中を拝見すると、ラゲッジルームはサーフギアのほか、海で遊ぶためのギアが満載。2列ある後部座席はシートを倒さず、現在はドローンといった大型アイテムの収納スペースに。
必要な場合は人を乗せることもできるためクルマはこれ1台のみ。シーンによって乗り換えが不要なのも、時間ができたらすぐ海へ向かうことができる最大のメリットだろう。
そのため会社から自宅はもちろん、仕事終わりに千葉へ向かい、そのまま早朝波に乗ってから出社するなんてこともザラ。いつでも趣味に没頭できる準備は万全の状態だ。
ハンガー

ハンガーポールは、ビジネスパーソンの必需品

シートを倒さずサーフボードのような長モノを積むことができるのは、このハンガーポールのおかげ。
両脇に付いたフックを純正のアシストグリップに引っ掛けるだけで、使い方も非常に簡単。ウェットスーツや洋服などをハンガーに掛けておける点も使い勝手バツグンだ。
スーツ
また、新川さんはエクストリーム出社のため、スーツや革靴をクルマに常備。当日着るスーツのほか、ジャケットは別にもう1着積んでいるそう。スーツをキレイに保管するためにもこのハンガーポールは欠かせない。


2/3

RANKING