OCEANS

SHARE

2019.09.08

あそぶ

相棒は’75年製シェビーバン。年30泊を自然で過ごす男のキャンプライフ

キャンプは“楽しむ”ものだけど、“魅せる”時代でもある。SNS全盛期、インスタ上で多くのユーザーを魅了する、こだわりを持つ大人たちの「魅せるキャンプ」に密着。
温泉三昧で過ごした東北周遊キャンプのひとコマ。2019年8月14日に投稿。
家族4人で年間30泊もキャンプにでかける達人・重弘剛直さん。彼自身は“車に魅せられた男”で、愛車にお気に入りのギアを積み、四季折々の自然を楽しむそのキャンパーライフは人々を惹きつけて止まない。
重弘剛直さん(43歳)
インスタグラム|neru0414

仕事|メーカー勤務
住まい|東京都世田谷区
家族構成|4人(妻、長女8歳 次女3歳) 
キャンプ歴|20年以上
乗っている車種|シェビーバン

日本ほどキャンプに適した国はない

インスタ上で初めてお披露目したシェビーバン。2019年8月11日に投稿。
「海外に行けばわかりますが、日本ほどキャンプに適した国はないんです。キャンプをしにわざわざ来日する人もいるほど。僕は密かに『#キャンプを日本の文化に』を広めているくらいです(笑)」。
そう話す重弘さんは、年間で30泊はキャンプを楽しむ、キャリア20年のベテランだ。自身のインスタグラムで紹介している写真は、公共の交通機関だけではたどり着けない秘境ばかり。日本の自然はこんなに美しいのかと再認識できる。よく行くキャンプエリアは山梨、長野、静岡あたりで、なかでもお気に入りは山梨だとか。
ふもとっぱらキャンプ場から昇る朝陽の様子。2017年2月21日に投稿。
「山梨の四季の変化は本当に綺麗ですよ。もともとキャンプ場の数も多いので、混雑していないサイトを探すこともできます。キャンプ中の好きな瞬間ですか? それはもう、朝、寝袋から出て朝陽を浴びる瞬間ですね」。


2/3

RANKING