OCEANS

SHARE

2019.08.29

ファッション

ロンハーマン日本上陸10周年!バイヤーが語るトップスの魅力

カリフォルニア発のスペシャリティストア、ロンハーマンは2009年に日本初上陸。一貫して、アメリカ西海岸らしい、派手に着飾らず、上質でリラックス感のあるスタイルを提案してきた。
そして今年で日本上陸10周年! 大量にリリースされる記念アイテムの魅力をバイヤーに直撃取材。ロンハーマンとタッグを組んだブランドとの試行錯誤を知ればますますこの店に恋をする!?

TANGTANG
「タンタン フォー ロンハーマン」のTシャツ

「タンタン フォー ロンハーマン」のTシャツ
胸に10年という意味の「DECADE」の文字をドカンと。ロンハーマンのキーカラーであるホワイト→ネイビーのグラデーションで10色展開する。グラフィックの配置はタンタンがたびたび用いる定番デザインを採用。裾には記念ロゴが。各7000円/ロンハーマン 03-3402-6839
「ロンハーマンといえばTシャツは無地が基本。それゆえグラフィックTシャツはとても気を使いながらバイイングしています。そんな中、お付き合いしているのがグラフィックに定評のある日本ブランドのタンタンです。我々は、7割を上質でシンプルに、3割で遊ぶ、といったスタイルでバイイングしています。その“遊び”にこのブランドを取り入れたいと思いました。
タンタンのデザインは紐解けば必ず面白い意味が込められており、なおかつ洒落が利いている。日本人でこんなにグラフィックデザインが秀逸な人はいない、と言っても過言ではないですね。今回は代表的なデザインを用いた10周年記念モデルを製作してもらいました。10年を意味するレタードに、10色のグラデーションという、まさにタンタンらしい遊び心に溢れた仕上がりです」。(ディレクター・鈴木康広)
 

Maison Margiela
「メゾン マルジェラ フォー ロンハーマン」のスウェット&Tシャツ

「メゾン マルジェラ フォー ロンハーマン」のスウェット&Tシャツ
メゾンのアイコン的アイテムであるエイズTシャツのパターンを用いた無地のTシャツとスウェットを、互いのブランドカラーであるホワイトで作製した。日本上陸10周年と、メゾンのブランドタグのメンズライン10番をかけたスペシャルネーム!スウェット6万1000円、Tシャツ2万9000円/ともにロンハーマン 03-3402-6839
「シンプルだけど気が利いている。さらっと男が身に着けられて、サマになるものを作っているというイメージのメゾンです。しかも毎シーズン、その“シンプルさ”をしっかりとアップデートしている。それはマルジェラにしかできないことだと思います。そのブレないコンセプトに我々も惚れ込み、オープンから10年ずっと大事にしているブランドのひとつです。
今回は定番のアイテムをお互いが大事にしているホワイトカラーを使って仕立ててもらいました。加えて絶妙に洗いもかかっていて、おろした瞬間からクールに着ることができる魅力を備えた別注になりました。さすが、“シンプル”を自分たちのデザインとして昇華できる唯一の存在です」。(バイヤー・小泉詠太)
 

Ron Herman
「ロンハーマン」のTシャツ

「ロンハーマン」のTシャツ
ワイドシルエットなボディの胸に、誰もが知っているポーズのミッキーが。プリントのヒビ割れなど、ヴィンテージのような風合いもタマラナイ! 各1万6000円/ロンハーマン 03-3402-6839 ©Disney
「ロンハーマンの拠点であるカリフォルニアを象徴するキャラクター、ミッキー。Tシャツを飾る主役にはやっぱり彼しかいない!という思いで手掛けました。アニメーションものの中でも、男が着ても違和感がないのがミッキーの良さですよね。
カワいいキャラクターでありながらも、ファッションとしてもハマるという稀有な存在。しかもその感覚は世界中で共有されている。そんなミッキーをウチらしくストレートにデザインしました。上質なスタイルのハズしとしても使ってほしいですね」。(バイヤー・小泉詠太)
 

DESCENDANT
「ディセンダント フォー ロンハーマン」のプルオーバー

「ディセンダント フォー ロンハーマン」の プルオーバー
ディセンダントの定番アイテムを別注カラーのサプレックス ナイロンで作製。落ち着いたパープルカラーにロゴが利いたデザインとなっている。右腕部分にもコラボの証があり、ダブルネームと国際信号旗がパープルボディに利いている。1万8000円/ロンハーマン 03-3402-6839
「デビュー当時からバイイングしている数少ないブランドです。西山徹さんが表現する家族をテーマにしたモノ作りに惚れ込みました。本作のように動きやすくも、クールなルックスがまさにその表れ。そしてデザインの一つひとつに意味があり、ただのシンプルな服にはない温かみがあります。
そして家族はロンハーマンにとっても大切なテーマ。家族と過ごす時間も格好良く、楽しく過ごせる服こそ、本当に必要なものではないでしょうか」。(ディレクター・鈴木康広)


2/2

RANKING