OCEANS

SHARE

2018.07.24

ライフ

アウトドアの質を高める「外スピーカー」入門にJBLがいい感じ

アウトドアにスピーカーを持ち込む。これ、意外と簡単に気分がアガる小ワザのひとつ。もし未体験なら、ぜひ試してみてほしい。
スマホもあるし別にいいといえばいいのだが、充電の問題もあるし、何よりも音のクオリティが違う。いい音に囲まれると、昼間のBBQはさらにハッピーになるし、夕刻の焚き火の雰囲気だって高まる。
じゃあどんなスピーカーがいいの? ということになるが、入門にはJBL(ジェイ ビー エル)の新作「JBL CLIP 3(クリップ3)」をおすすめしたい。
「JBL CLIP 3」オープン価格/ジェイ ビー エル(ハーマンインターナショナル www.harman-japan.co.jp
美しいデザインとプロ仕様のサウンドで、プロアマ問わず信頼される世界のオーディオメーカー・ジェイ ビー エル。もちろんこの商品にも、そのアイデンティティはふんだんに採り入れられている。重さ220g、横幅約10cmと手のひらサイズながら、上位機種にも使われるサウンドシステムを採り入れ、クリアな中高域と、パワフルな低音を楽しめる。

防水性能IPX7に対応しているのもナイス。IPX7は「水深1mの水中に最大30分間入れても浸水しない」レベルなので、海、山、河、どこに持って行っても大丈夫だ。

そして、この堅牢なカラビナがまた使いやすい。本体にしっかりと一体化させたことで、剛性を担保。曲げたりねじったりしても歪みにくく、ハードな環境にも耐えられる。テントやタープに取り付けるのはもちろん、バックパックにも付けられる。


キャンプ、野外フェス、ビーチといったあらゆる外遊びに対応。ということは、キッチンや浴室だって使えるので、オフシーズンも眠らせておく必要はない。アウトドア向けスピーカーは、日常使いもできてコスパも優秀なのだ。
最大約10時間の連続ワイヤレス再生が可能で、スタミナ面も強い。
 
カラーは3色展開(ブラック、ブルー、レッド)。好みに合わせて選べる。
 
こんなイカしたスピーカーを今夏の相棒にすれば、胸を打つサウンドで、いつもよりドラマチックな思い出を作ってくれるだろう。そうそう、本当に音量・音質ともスゴいので、周りへの配慮はくれぐれも忘れずに。
 
[問い合わせ]
ハーマンインターナショナル
www.harman-japan.co.jp
中山秀明=文


SHARE

RANKING