2021.04.21
ANNIVERSARY

「10年越しのクレームです」ユースケ&マーシーが打ち明けた迷惑事件

オーシャンズの看板モデルといえばこの2人。

三浦理志さん(左)と平山祐介さん(右)。

平山祐介さんと三浦理志さん。彼らに編集部にお越しいただいて、オーシャンズでの活躍を振り返ってもらう創刊15周年企画。その取材中、突然、ユースケさんがある“告白”を始めた。

「10年越しに伝える、クレームです」by 平山祐介

ユースケ 前回の記事で、「ユースケ&マーシー」は僕らにとっても楽しい企画だったって、話してたじゃないですか。

マーシー&編集部 はい(未読の人はこちら)。

ユースケ でも、実は僕、オーシャンズが知らないところで、ちょっとした迷惑を被っていたんです。

編集部 え!ままま、まさか、そんな。なんで?

ユースケ それが僕らのプロフィール部分です。この「ユースケ&マーシー」企画は回を重ねていくに連れ、編集部の“脚色”がかなり加わってきたんです。

マーシー あった! どんどんエスカレートしていったわ、確かに。

ユースケ 僕らのリアルなパーソナリティを活用してあまりに巧妙に作り込まれているため、知人が記事を読んだときにそれが「事実」か「脚色」かわからないんです(涙)。例えば、当時は未婚でもちろん子供もいなかった僕にとって「妻と娘の3人暮らし」という表現には相当苦しめられました(涙)。

一行目後半から、三行目にかけてが問題の箇所。

編集部 あ、コレですね……。

ユースケ はい。本当は住んでないのに「某タワーマンションで暮らす」というのもすごく嫌味に受け取られたり(涙)。とにかく、この「ユースケ&マーシー」企画は反響がありすぎて、本当にいい迷惑だったんです……。

ユースケはタワマンに住んでいる設定。ひとつ前の写真のプロフィールでは子供は“娘”だが、この回では“息子”に。ちなみに、マーシーの「車でサザンを聴く」のは本当。

マーシー それ、超わかる! 俺も地元で「マーシー、大学出てないじゃん!」とか「広告代理店勤務したことあんのか?」って、嘘つき呼ばわりされたことある(涙)。

広告代理店に勤務しているのは、あくまで二浦田さんです。

編集部 そ、そ、それは……たいへんに申し訳ございませんでした!

ユースケマーシー 10年越しにクレーム言えてスッキリしました(笑)。

NEXT PAGE /

名物企画の人気コーナー、「NG写真集」をハイライトで!

ユースケ スッキリしたところで閑話休題。この「ユースケ&マーシー」企画の中で、とても印象深いコーナーがあるんです。それは「昔のオレはこんなにダメだった!」と、過去のイケていない自分を晒すNG写真のコーナーです。それがコレ。

2013年1月号に掲載した、このセピアカラーの写真(右ページ)が始まり。

マーシー え!? こんなことまでやるの?みたいなことまで散々やったね。最初は悪ノリだったけど、いつからか妙に力を注いで取り組んでました(笑)。

ユースケ いちばん最初のは、僕とマーシーが大学の同級生という設定で、1992年の思い出写真を撮ったんですよ。

マーシー ユースケは「毎日毛玉上等だい!」って言ってるね(笑)。

ユースケ (笑)。

編集部 それぞれ印象深いものを紹介してもらえますか?

ユースケ 強烈なのは2013年6月号のもの。「埼玉のラモーンズと呼ばれた1995年当時」という設定で過去を再現(笑)。

埼玉のラモーンズ写真がこちら。「オーシャンズ」2013年6月号より。

マーシー この写真好きだなー(笑)。同じ号で僕は、ビリー・ザ・キッドやってます(笑)。妙にイラッとしてしまう(笑)。

その頃三浦さんはウエスタンを演じていた。「オーシャンズ」2013年6月号より。

ユースケ 公園の遊具の前で撮影した「昭和のお父さん」をテーマにしたポロシャツ姿の写真も思い出深い。顔が真剣です(笑)。

ユースケ 毎晩、当てもなく歓楽街をフラつく男という設定の「ネオンの光だけが俺を慰めてくれた1993年当時」や、絵描きとして「週末はいたずらに凱旋門の下で過ごした1993年当時」も捨てがたいよなぁ。

NEXT PAGE /

マーシーのNGカットは今、意外なところで活躍していた!

マーシー この撮影は、ロケ場所も見つけるのも大変なんだよね。

ユースケ “今”が漂っちゃいけないからね〜。って、力を入れる部分が違うんだけど(笑)。

編集部 衣装を探すのも、実は大変でした。

ユースケ やっぱり力の入れどころが独特(笑)。マーシーも、ウエスタンだけでなくいろいろ紛してたしね。

マーシー 俺がピックアップしたいのはカート・コバーン風の写真ですね。「高架下と路地裏では素直な自分でいられた1994年当時」というコピーがめちゃくちゃです(笑)。

編集部 あ! これは金髪のズラも用意したんでした!

マーシー これは気に入りすぎて、今、LINEのプロフィール画像に設定していますよ(笑)。

ユースケ マーシーはこれもいい。「後輩よりズッと前から“辻堂乃風”と呼ばれていた1993年当時」。

「オーシャンズ」2013年11月号より。

マーシー ミュージシャン系ね。お気に入りです(笑)。

編集部 いやー、本当に傑作揃いのNG写真集でしたね(笑)。誌面でそれほど大きく使われていないにもかかわらず、2人はいつも真剣に取り組んでくれました! 改めて、感謝!

 

みなさん、名物企画の裏側にあった珍騒動と珍コーナーはいかがでしたでしょうか? 次回はユースケさんとマーシーさんが、オーシャンズ史上最もやりがいを持って取り組んだ仕事を、本音で語っていただきます。お楽しみに!

 

安部 毅=取材・文

# 三浦理志# 創刊15周年# 平山祐介
更に読み込む
一覧を見る