2021.06.24
WATCH
PR

機械式かエコ・ドライブか。シチズン「プロマスター」の力作をクローズアップ

夏に着けたい腕時計といえば、やっぱりダイバーズ。強靭さを象徴するマッシブなケースに加えて、高い防水性能は活動的なシーンでの安心性を高める。

シチズン プロマスターに揃うのは、ブランドが誇る機械式と光発電エコ・ドライブの二枚看板だ。ここでは、どちらも甲乙つけがたい力作をクローズアップ。さて今夏、どちらを選ぶか?

 

Mechanical 機械式

サテン仕上げのスーパーチタニウムケースは、シックなセットアップにもマッチ。マッシブながらも軽量で、着け心地も快適だ。腕時計13万2000円/シチズン プロマスター(シチズン 0120-78-4807)、ジャケット7万3480円、パンツ4万2680円/ともにレインメーカー 075-708-2280、Tシャツ8800円/マイル(にしのや 03-6434-0983)

時計好きの心を掴んでやまない機械式は、ボリューム感のあるスーパーチタニウムケースを纏った逞しいデザイン。

ISO規格対応の200m防水の本格派ながら、チタニウムのグレーを軸にしたモノトーンのデザインにより、大人らしい印象ももたらしている。

「メカニカル ダイバー200m」スーパーチタニウムケース、46mm径、自動巻き。13万2000円/シチズン プロマスター(シチズン 0120-78-4807)

[Front]
回転時のグリップをサポートするローレット調の装飾が施されたベゼルと、ピラミッドパターンが刻印されたダイヤルとの相乗効果で、グッと骨太な印象がアップ。

ダイヤル円周に沿ってデザインされたインデックスは視認性が高いだけでなく、落ち着きの中に遊び心も表現している。

[Case]
シチズンが誇る特殊な硬化処理を施したスーパーチタニウムのベゼル&ケース。ベゼルには打ち傷に強いデュラテクトMRK加工が、ケースには、チタンカーバイドコーティングが施される。

[Belt]
ケースやダイヤルの作り込みだけでなく、ベルトへの配慮も抜け目ない。耐久性とフィット感に優れる肉厚なラバー素材を採用しつつ、ウエットスーツの着用時にも対応する延長ベルトも付属する。

「メカニカル ダイバー200m」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

Eco-Drive エコ・ドライブ

ブルーの迷彩柄ダイヤルが際立つ個性的なケースが、着用点数の少ない夏服の腕元で異彩を放つ。7月発売予定。腕時計6万500円/シチズン プロマスター(シチズン 0120-78-4807)、Tシャツ6380円/アブガルシア(アンシングス 03-6447-0135)、パンツ2万3100円/ア ボンタージ(ブリックレイヤー 03-5734-1098)、メガネ5万1700円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)、シャツは私物

過去の名作ダイバーのデザインをブラッシュアップして、ISO規格200m防水の光発電エコ・ドライブ仕様にアップデート。四方が張り出したケース形状とブルーの迷彩柄ダイヤルからなる個性的なビジュアルが夏の男を輝かせる。

「エコ・ドライブ ダイバー200m」スーパーチタニウムケース、46.5mm径、光発電エコ・ドライブ。6万500円/シチズン プロマスター(シチズン 0120-78-4807)

[Front]
機械式時計と異なり、ダイヤルから光をキャッチして動力に変換する光発電エコ・ドライブ方式。

光を透過させる必要があるために、ダイヤル素材に制限があるが、試行錯誤を重ねたうえで、性能とデザインを両立させることに成功。ブルーの迷彩柄をプリントで表現している。

[Case]
シチズン独自のスーパーチタニウムケースの表面に、サンドブラスト加工を施して武骨な印象をアップ。チタニウムそのものの色みであるダークグレーを活かしている。

[Origin]
本作は1982年に登場した「プロフェッショナルダイバー1300m防水」のデザインを継承。4方向に張り出したケースは、密閉性を高めるビス留めのために考案された仕様だ。

「エコ・ドライブ ダイバー200m」の詳細はこちら

 

[問い合わせ]
シチズンお客様時計相談室
0120-78-4807(受付時間9:30〜17:30 祝日を除く月〜金)
https://citizen.jp/promaster/special

 

河野優太=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 松平浩市=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 髙村将司=文

# シチズン# エコ・ドライブ# ダイバーズ# 機械式# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る