2020.11.25
WATCH
PR

時刻を知る、以上の価値を求め続ける「フレデリック・コンスタント」

1988年の創業以来、優雅に、正確に時を刻むスイスのウォッチブランド。その時計とともに歩む時間は、普段の生活に華を添える。

腕元に目をやるたびに語りかける特別なデザイン。その声に耳を傾け、ふと立ち止まってみよう。

 

時刻を知る、以上の価値を求め続けて

腕時計22万5000円/フレデリック・コンスタント 0570-03-1988

時計は文字どおり、時を計るもの。つまり、日常生活を円滑にするための実用品だ。しかしながら、男が時計に求めるものはそんな“道具としての役割”だけではない。多くの人がそれ以上の価値を見いだしているからこそ、スマホ全盛の現代においても、時計文化が廃れないのだろう。

“手の届くラグジュアリー”を謳うフレデリック・コンスタントは、計器としての信頼性はもちろん、いかに時計を楽しむかを突き詰めるスイスブランドである。

その神髄のひとつが、ダイヤルに仕掛けられたオープンハート。新作の「クラシック カレ オートマチック ハートビート」ではダイヤル上部に小窓が設けられ、優しくカーブを描くレクタンギュラーケースと絶妙なハーモニーを奏でる。

ブランドにおいてハートビートと呼ばれるオープンハートからテンプの動きを楽しめるとともに、ダイヤル下部のデイト表示から覗く数字の回転も垣間見える仕組みに。

絶え間なく揺れ動くテンプは職人技の結晶を、出番を待つカレンダーの数字はいずれ訪れる豊かな未来を、それぞれ指し示すかのようだ。

さらに、本作はネイビー×ホワイトのツートンダイヤルを備える日本限定モデル。クラシカルなルックスに、スペシャルなハートビートとカラーリングを備えた時計。

それは、これからも続く何げない日常における、小さくも確かな幸福とリンクする。

NEXT PAGE /
「クラシック カレ オートマチック ハートビート」各日本限定150本。縦38.7×横30.7mm、自動巻き。[左]SSケース、19万5000円、[右]SS(ローズゴールドプレート)ケース。22万5000円/ともにフレデリック・コンスタント 0570-03-1988

[左]躍動感とデザインに惹かれる元祖オープンハート[右]日本限定という愉悦ネイビー×ホワイト
手首に沿ってエレガントかつコンフォータブルな曲線を描くレクタンギュラーケースに、“元祖”オープンハートデザインのハートビートをあしらう人気シリーズの最新作。

洗練されたローマンインデックスや、クラシカルなレイルウェイデザイン、優雅なオニオンリュウズなどディテールも必見だ。また、ネイビーとホワイトのツートンダイヤルはこの日本限定モデルだけの特別な配色となっている。本作にはネイビーの替えラバーストラップが付属。気分や季節に応じて使い分けが可能に。

ノベルティがプレゼントされるウインターキャンペーン開催中!

2021年1月11日(月・祝)まで開催されているフレデリック・コンスタントのウインターキャンペーン。対象店舗にて時計を購入すると、オリジナルの本革製コインカードホルダーがプレゼントされ、さらに対象モデル購入者には替えレザーストラップも付いてくる。ぜひ、この機会にフレデリック・コンスタントの時計を手に入れよう。

フレデリック・コンスタントについて詳しくはこちら

[問い合わせ]
フレデリック・コンスタント相談室
0570-03-1988
https://frederiqueconstant.jp

※本文中における素材の略称:SS=ステンレススチール

[着用したアイテム]
コート9万5000円/イーヴォ、ニット3万円/ドルモア、パンツ3万6000円/ジーティーアー(すべてビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623 )、メガネ3万2000円/モスコット(ブリンク外苑前 03-5775-7525)

 

竹内一将(STUH)=写真 星 光彦=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 増山直樹=文

# フレデリック・コンスタント# 腕時計
更に読み込む