Camp Gear Note Vol.88
2021.04.18
LEISURE

キャンプでお馴染み「スタンレー」を普段使い目線込みで選ぶなら、この辺がオススメ

スタンレー

「Camp Gear Note」とは……

スタンレーが世に産み落とした丈夫なスチール製の魔法瓶は、アクティブなライフスタイルにおける飲食の楽しみ方を根底から変えたと言っても過言ではないギアだろう。

その大発明から早100余年。積み重ね続けてきた技術力を用いた現在のスタンレーのラインナップは、今や魔法瓶だけにとどまらない。

アウトドアだけでなく、日常でも使いたい製品が数多く揃っているのだ。

高い機能性とどこか愛らしくユニークなデザイン

スタンレー
大定番の「クラシック真空ボトル」。左の1Lサイズは6600円、右の1.9Lサイズは8360円/ともにスタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

まず、スタンレーの数ある製品の中でもブランドの代名詞的な存在となっているのが「クラシックシリーズ」だ。

見るからに丈夫そうな、まるで戦艦のようなボディに、50年代のアメリカでは工業製品によく使われていたというハンマートーングリーンの組み合わせは、アウトドア好きならば誰もが一度は目にしたことがあるはず。

さまざまなサイズと形が展開されているが、持ち運びやすいグリップが付いた1L、1.9Lサイズが特に人気を集めている。

スタンレー
スタンレーといえば、この渋いグリーンが思い浮かぶ。創業は1913年と、その歴史は長い。

高い保温・保冷性能を備えた機能面はもちろん優秀だが、やはり他ブランドの魔法瓶との最大の違いは、丈夫さにある。その品質に対する自信と信頼の証として、クラシックシリーズ製品には独自の永久保証制度が付帯されているほどだ。

ちなみに、今やスタンレーの象徴になっているハンマートーングリーンの製品だが、初めて生産されたのは1953年のこと。

スタンレー
1.9Lサイズの保温効力は、89℃以上なら6時間、74℃以上なら24時間。保冷効力は4℃以下なら6時間、6℃以下なら24時間。広めの口は氷が入れやすい。

機能面では大きな進化を遂げた一方で、70年近く前から外見はほとんど変わらないが、古臭くならないエバーグリーンなデザインも魅力である。

NEXT PAGE /

コーヒーとビール関連の新製品が充実

スタンレー
「クラシックプアオーバー」は、「クラシック真空マグ0.35L」と組み合わせて使うのがおすすめ。「クラシックプアオーバー」4180円、「クラシック真空マグ0.35L」3850円/ともにスタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

近年はコーヒーとビール関連の製品ラインナップも充実している。中でも「クラシックプアオーバー」は、おうち時間が増えた昨今、日常でもアウトドアでも活躍してくれそうな注目製品だ。

製品名にある“プアオーバー”とは、ハンドドリップの異名。紙フィルターを使わないエコなドリッパーで、最大0.6Lと約3杯分のコーヒーを入れることができる。

真空マグやボトル、タンブラーとの互換性もあるので、直接注げば熱々のコーヒーがいつでも飲める。フィルターは分解できて食洗機も使えるので、手入れもお手軽だ。

スタンレー
カラーはブラックとの2色展開。「真空タンブラー0.23L」2750円/スタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

「真空タンブラー0.23L」は、これからの時期に増えるBBQで活躍しそう。ヌルくなりがちな飲み物を冷え冷えに保ってくれる(なんと保冷効力は3時間後でも10℃以下!)。

独特な形状は唇に沿って柔らかな飲み口を生み出すためのもの。サイズも程良く、手に馴染みがいい。

NEXT PAGE /

クーラーボックスが意外なロングセラー商品

スタンレー
350ml缶を21缶収納可能。「クーラーボックス15.1L」各1万2980円/スタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

クラシックシリーズ以外のロングセラー製品を調べてみると、意外にもクーラーボックスが上位にランクインした。しかしよく考えてみれば、魔法瓶で名を馳せたブランドなのだから、保冷性能の高いクーラーボックスが人気なのも当然か。

こちらもボトル同様、シックなカラーリングと丈夫な構造にまとめ上げられている。飽きのこないシンプルなデザインなので、末長く付き合えるだろう。ちなみに、同じテイストのウォータージャグも渋くておすすめ。

スタンレー
「スタッキングパイント0.47L」各2750円/スタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

「スタッキングパイント0.47L」も隠れたロングセラー商品のひとつ。前出の「真空タンブラー」ではちょっと量が足りないという方は、ワンサイズ大きいこちらが選択肢だ。

同じく、真空二重構造を採用しているので、熱くならないし、氷を入れても結露しない優れた保温保冷効果を持つ。

スタンレー
ご覧のように、収納時は重ねておけば非常にコンパクト。

その名の通り、スタッキングすることができ、コンパクトに収納可能なので複数持ちにおすすめしたい。カラーは全7色展開。好みの色を選べば取り違いも防げる。

NEXT PAGE /

ラインナップはどれも一生もの

スタンレー
「ゴー真空ボトル0.37L」3960円/スタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

「ゴーシリーズ」は、スタンレーらしい保冷保温力はそのままに、スタイリッシュなデザインと幅広いカラー展開を加えた新しいシリーズ。

より日常使いにフォーカスしたモデルが揃うが、機能はアウトドアで使うのにも十二分。もっと手軽にスタンレーを使い始めてほしい、との思いから生まれたシリーズなのだ。

秋冬にはさらに小さな0.23Lサイズも登場する予定となっている。

スタンレー
「クラシック真空グロウラー1.9L」各8800円/スタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

新しい生活様式に対応する製品にも注目したい。

「クラシック真空グロウラー」は、4年前に量り売りのビールを持ち運ぶために開発された製品だ。図らずもなかなか飲み歩きづらくなってしまった昨今において、クラフトビールなどの持ち帰りにとても重宝する。

口は掛金付きで、冷たさと炭酸をしっかりとキープしてくれる。

 

スタンレー
自宅に持ち帰ったビールを冷たいまま乾杯できる「真空ジョッキ0.7L」も用意。ハードリカー派はこちら(写真右)がおすすめ。「真空ジョッキ0.7L」3520円、「SSフラスコ0.14L」3520円/ともにスタンレー(ビッグウイング 06-6167-3005)

ご覧のように、スタイリッシュなフォルムに高い性能を兼ね備えた、質実剛健なラインナップがずらりと揃っている。

丈夫な道具に対する褒め言葉として、「一生もの」とはよく聞くフレーズだ。しかし、スタンレー製品は一生では収まらない。2代にも3代にも渡って使い続けられる「受け継げるもの」なのだ。

スタンレー

[問い合わせ]
ビッグウイング
06-6167-3005
www.bigwing.co.jp

「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。 上に戻る

連載「Camp Gear Note」一覧へ

矢島慎一=写真 池田 圭=取材・文

# Camp Gear Note# キャンプ# スタンレー# 魔法瓶
更に読み込む