2021.02.13
NEWS

スニーカーという単語を広めた「ケッズ」の名作復活。手にすりゃわかる、その違い

突然ですが、ここでクイズ。

「スニーカー」という言葉を世に広めたブランドは?

答えは、アメリカのシューズブランド、ケッズ。今から100年以上も前の1916年にスニーカーという名を広告に載せたことで、広く使われるようになったという。

現存する最古のスニーカーブランドである彼らがこのほど、懐かしい一足を復刻させた。それもシップス エニィの別注モデルとして。

8800円/ケッズ×シップス エニィ(シップス エニィ 渋谷店 03-3496-0382)

それが、‘60年代に生まれた「メインセイル」だ。

8800円/ケッズ × シップス エニィ(シップス エニィ 渋谷店 03-3496-0382)

当時のアメリカは高度経済成長。豊かになっていく社会背景のもと生まれたメインセイルは、今ではスタンダードとなった内羽根式キャンバススニーカーで、ケッズのルーツを感じられるモデルなのだ。

制作にあたり過去の広告資料が紐解かれ、当時使われていたインソールデザインや、ブランド初期に採用していたエメラルドグリーンのアウトソールなどが再現されている。

インソールにはシップス エニィのロゴも入っている。

カラーは定番のホワイトとネイビーに加え、ニュアンスカラーのベージュも展開。爽やかな色合いは、春のコーディネイトともマッチするだろう。

立体的かつ細身なフォルムも魅力。デニムやチノパン、ショーツまで、どんなボトムスにも合わせやすい。

こちらはシップス エニィの各店舗やシップス公式オンラインショップで購入できる。

古き佳きアメリカの雰囲気に加え、春らしい爽やかさも感じられる一足。これからの季節、足元の良き相棒になってくれることだろう。

 

[問い合わせ] 
シップス エニィ 渋谷店
03-3496-0382
www.shipsltd.co.jp/

POW-DER=文

# シップス# ケッズ# スニーカー# メインセイル
更に読み込む
一覧を見る