2021.02.04
NEWS

矢印のLVがインソールに入った新作スニーカー。どこか見覚えがあるような……?

唐突だが、インソールのロゴ……なんか違和感を感じないか?

見慣れたルイ・ヴィトンのロゴなんだけど、いつもと様子が違う。

よーく見るとこれ、リサイクルマークのようになっているのだ。緑の矢印が何を表すかというと、メンズアーティスティックディレクターのヴァージル・アブローが考案する“アップサイクリング”である。

古くなったものに新しいアイデアを加えてアップデートしていくサステイナブルな考え方のことで、これをテーマにしたのがルイ・ヴィトンの新作スニーカーだ。

2021年春夏コレクションの新作「LVトレイナー アップサイクリング」。14万2000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854 ©Gregoire Vieille

ベースになったのは、これまた既視感のあるスニーカー。2019年春夏のショーで披露された「LVトレイナー」である。

いちばん左のLVトレイナーが、新作へと進化していく様子。©Gregoire Vieille

このモデルを、ルイ・ヴィトンは驚くべき方法でサステイナブルにアップデートした。

新作の制作過程。オリジナルのブラックのアッパーをベースに、鮮やかな色彩がプラスされていく。©Gregoire Vieille

なんとルイ・ヴィトンの倉庫に眠るLVトレイナーの在庫を、イタリアのアトリエで一足一足解体し、職人の手作業で新たなモデルへと生まれ変わらせたのだ。

例えば、シュータンには鮮やかな色を起用し、シューレースはタイダイ柄に変更。再構築したときの縫い糸や素材の切りっぱなし感をあえて残し、デザインとして活かしているのも特徴だ。

©Gregoire Vieille

ヒールにはアップサイクリングを示すLVイニシャルもオン。履き口にはパッドを配し、履き心地の良さにもこだわっている。

©Gregoire Vieille

どれもローカットモデルで、ピンクやイエロー、ブルー、グリーンにレッドの5色展開だ。

どこか見たことあるようで、実は超革新的なルイ・ヴィトンの新作スニーカー。それは、サステイナブルという考え方を、世の中に最も格好良く発信するルイ・ヴィトンなりの方法といえる。

本当にイケてるファッションって、つまりこういうことだよね。

 

[問い合わせ]
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

POW-DER=文

# ルイ・ヴィトン# LVトレイナー# アップサイクル# ヴァージル アブロー
更に読み込む