やっぱりみんなデニムが好きだった。デニムの男100人特集! Vol.40
2021.04.16
LIFE STYLE

最高の音とともに旅を!移動するディスコ「PANORAMA」のサウンドシステムに迫る

JOMMYが信頼を寄せる、「PANORAMA」を主催するJUNさん。前回に続き、今回はPANORAMAご自慢のサウンドシステムについて紹介しよう。

最高の音ともに旅を!移動するディスコ「PANORAMA」のサウンドシステムに迫る
JUN●DJ、「PANORAMA」主宰。岡山県出身。サウンドシステムを搭載した移動式ディスコトレーラー、PANORAMAにて日本各地へ出没中。 JOMMY●ダンサー、DJ、ファッションの分野で活躍。現在は「ディーゼル」のブランドコミュニケーションとして、またDJとしてはソロおよび、DJ DARUMA & JOMMYとして活動中。

アメリカンキャンピングトレーラーの代名詞的存在であるエアストリーム。

JUNさんは、極上のサウンドシステムを搭載したエアストリームを愛車のランドローバー ディフェンダーで牽引し各地を訪れ、自らサウンドシステムを設置してパーティを行っている。

「エアストリームの存在を初めて知ったのは、Pat Metheny Groupのジャケットの写真だったんですけど、現物を初めて見たときはその迫力に驚きました(笑)」(JUN)。

エアストリームのレストアを進めながら、JUNさんがいちばん悩んだのがサウンドシステムを選ぶことだった。

NEXT PAGE /
エアストリームの車内。スピーカーだけでなく、DJ機材やアンプにもこだわりが!

「当時とあるイベントで知り合ったプロデューサーの小口大介さんに相談し、WHITELIGHTの牟田口 景さんを紹介してもらったのが田口音響研究所との出会い。

ひとりで設置できることやトレーラー内への収納性、ほかにはない平面ユニットならではのクリアな音質などすべての想いをかなえてくれたのが、このTaguchiでした」(JUN)。

昨年岡山で行ったPANORAMA DISCOの野外フェスでは、サウンド面を全面的にサポートしてくれるCAEL WORKSがサウンドデザインを行い、スピーカーを設置・製作したTaguchiの田口和典さんも現場を訪れ、音の鳴りを検証。

現場での小さなトラブルや改善点をその都度やり取りし、アップデートしているそうだ。

PANORAMAオリジナルのTaguchi製スピーカー。

「PANORAMAの活動は個人的にも楽しみだし、全国に広まれば僕のように家族でパーティに参加したい人たちが増えるのでは、と期待しています。素晴らしい景色と抜群の音質を生で体験してほしいです!」(JOMMY)。

いい音を鳴らす夢のエアストリームは、さらにグッドバイブスを各地へ届けようとしている。

NEXT PAGE /

Best Music for PANORAMA

JUN’s Select

Eagles「Hotel California(Live On MTV 1994)」
誰もが一度は聴いたことある曲だと思いますが、初めて東京・新木場の田口音響研究所に行った際に、このライブバージョンを聴かせてもらって、その臨場感に鳥肌が立ちました。

 

JOMMY’s Select

SHAKKAZOMBIE「It’s Okay(feat. DABO)」
先日惜しまれつつ急逝されたBig-Oこと、オオスミタケシさんが’90年代に活動していたラップグループSHAKKAZOMBIEの3rdアルバムに収録されている曲。

Taguchiの立体感あるスピーカーでラップを聴いたら「本当はまだ生きているんじゃないか?」と錯覚してしまいそうです。

 

野村浩史=写真 吉岡加奈=文

# DJ# JOMMY# PANORAMA
更に読み込む