2020.10.15
LIFE STYLE

テレワーク層に合う戦略。ナイツの「雑談」が拓くラジオの新しい可能性

当記事は、「東洋経済ONLINE」の提供記事です。元記事はこちらから。

ニッポン放送で2時間半の生放送『ザ・ラジオショー』月~木曜日を担当するナイツ(写真:ニッポン放送提供)
ニッポン放送で2時間半の生放送『ザ・ラジオショー』月~木曜日を担当するナイツ(写真:ニッポン放送提供)

そのニュースを初めて知ったときには、とても驚いた。

ニッポン放送で新番組『ナイツ ザ・ラジオショー』が始まるというニュースだ。同番組は9月7日にスタートした、13~15時半の生放送帯番組で、月~木曜をナイツ、金曜を中川家が担当している。

月曜から木曜のナイツの出演時間を全部合わせると、2時間半×4曜日で、まるまる10時間となる。同じくニッポン放送で、彼らがこれまで出演していた『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』木曜日の出演も、現在のところ継続しており、これも生放送で1時間半。

それ以外にもナイツは、TBSラジオで土曜日に『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』という生番組を担当していて、これが4時間。以上すべてを足し算すると、一週間に何と15時間半のラジオ生放送に出演することとなるのだ。

どうなることかと思い、ラジコのタイムフリー機能を駆使しながら、『ナイツ ザ・ラジオショー』第1週・第2週を可能な限り、聴いてみたのだが──。

音楽がかからない、緻密な構成の「雑談」ラジオ

番組を聴いて、さらに驚いた。

番組の内容が、フリートーク中心なのである。いや、フリートークというより、もっとくだけた「雑談」という感じの会話が続く。「雑談」にカギカッコを付けたのは、実際には、緻密な構成が事前に用意されているかもしれないからだが、しかし聴く側が受ける印象は、完全な「雑談」。

ナイツとアシスタントの女性芸人が、自由に会話を進めていく。とりわけナイツの2人による見事なパス回しで、ボールがぐんぐん動いていく。しかし、そのパス回しには、行き着くべきゴールがまったく判然とせず、ただウロウロとボールが動いていく感じが、いかにも「雑談」。

実は『ちゃきちゃき大放送』も、冒頭30分ほどの「雑談」コーナーが最も面白いと思っていたのだが、『ナイツ ザ・ラジオショー』は、それをぐぐっと2.5時間に広げた感じの構成なのである。

逆に言えば、ラジオ番組の基本アイテムとも言える音楽が、一切かからない。当然リクエストも要求しない。いくつかのコーナーやメールの募集もあるにはあるが、番組の骨格は、あくまで「雑談ラジオ」なのである。

さらにさらに驚いたのが、ナイツの2人が、丸腰で臨んでいるような「雑談ラジオ」が、けっこう面白いのだ。抱腹絶倒というよりは、聴いていてニヤニヤする感じの面白さが続くのだが、これがとても心地よいのである。

NEXT PAGE /

私が想起したのは、フジテレビ『笑っていいとも!』における、明石家さんまとタモリの人気コーナーである。コーナータイトルは何度か変わったが(「日本一の最低男」など)、基本は2人の雑談。それがめっぽう面白く、画面にかじり付いた日が懐かしい。

ただし、ナイツの「雑談」は、さんま&タモリとは少々異なり、もっと柔らかくおっとりとしていて、だからこそ耳に心地よい。とても聴き取りやすいナイツ2人の口跡に、当意即妙な塙宣之のボケ、それをリスペクトしつつ、丁寧にツッこむ土屋伸之、そんな2人がとめどなく話し続ける、他愛のない楽屋話──。

この「雑談ラジオ」を聴いて、私は、大げさに言うと、ラジオ界の新しい市場、新しい未来を感じたのである。

「情報」溢れる旧来型ラジオに風穴

関東のAMラジオ界、聴取率的にはTBSラジオの天下が長らく続いている。同局をよく聴く1リスナーとして感じるTBSラジオの戦略は、かつてよく言われた「AMラジオ=商工自営業者向けメディア」という像から脱皮するための「情報主義」とでも言うべきものである。

都市型で、ジャーナリスティックで、サブカルチャー的な「情報」で、(意識の高い)若年層をも引きつける戦略。その裏返しとして、一昨年より、昭和・平成におけるAMラジオのコア・コンテンツだったプロ野球中継を廃止するという決断に至る。

TBSラジオに限らず、最近のAMラジオ番組は伝えなければいけない「情報」でいっぱいである。まずは何といっても、この10年で飛躍的に増えた通販コーナーに加え、こちらは従来からのニュース、交通情報、天気予報、そしてメール、FAX、リクエスト曲、聴取率週間の告知などなど。

私はこの4月から千葉のbayfmでレギュラーの音楽番組を担当しているが(『9の音粋』月曜21時~)、楽曲に加えて、伝えるべきあれこれが思いの外多くフリートークを出来る尺が、実はかなり短いことを実感しているのだが……。

そんな中、『ナイツ ザ・ラジオショー』の「雑談ラジオ」は、TBSラジオの戦略の真逆を行くものである。ナイツの塙宣之は「お昼の時間は情報番組が多いんですが、あまり情報を入れずにお笑い多めで、ニュースや情報はその後の辛坊(治郎)さんにお任せします」(TOKYO HEADLINE WEB/9月7日)と明言する。

「雑談ラジオ」は、まず旧来のAMラジオのターゲットである、ミドル・シニア層の「商工自営業者」を再び掘り起こす可能性があろう。さらにはここ最近、ラジオに吸い寄せられてきた、新規層にもフィットすると思うのだ。

NEXT PAGE /

その新規層を言い換えれば「テレワークながら族」である。

日経新聞記事「巣ごもりでラジオに注目」(6月22日)には、「在宅勤務など巣ごもりの時間が長くなる中、ラジオを聴く人が増えています。スマートフォンやパソコンでも聴けるインターネットサービス『radiko(ラジコ)』の月間利用者数は4月に約910万人と過去最高を記録しました」と書かれている。

自宅でPCに向かって、ワードやエクセルをパチパチやりながらラジオを聴く、30~40代の「テレワークながら族」には、聴き手を「情報主義」で牽引・啓蒙するような構成よりも、聴き心地のいい、緩やかなラジオが合うのではないかと思うのだ。

そう考えると、「テレワークながら族」が今後もラジオ需要の一定比率を支えていきそうな中、同層の需要にも、ナイツの「雑談ラジオ」は見事にハマっていくと考えるのである。

期待するのはナイツ塙宣之の毒気

以上、「雑談ラジオ」が拓く新しい可能性を考えてみたが、ラジオ・ファン、ナイツ・ファンとして『ナイツ ザ・ラジオショー』に追加注文できるならば、塙宣之の毒気をもう少しだけ強めてほしいとリクエストしたいのだ。

私が知る限り、塙宣之の毒気が最も効いたナイツの傑作漫才が披露されたのは、2011年のフジテレビ『THE MANZAI』である。ドラマ『ひとつ屋根の下』(1993年)をいじるネタで、その内容は以下の記事に詳しい。

──ボケの塙宣之さんが、「小雪って名前で出ていた女優さん、元アイドルの……」と、ヒロインを演じた酒井法子さんに触れようとした。酒井さんは覚せい剤所持・使用容疑で2009年に逮捕されており、相方の土屋伸之さんが名前を出すことを軽くたしなめたが、塙さんは、「生放送ですからね。ピー入れますけどね、のり『ピー』」と、大声で酒井さんの愛称「のりピー」を叫んでしまった(J-CASTニュース/2011年12月18日)

聴き心地のよい「雑談ラジオ」を聴きながら、テレワークがさくさく進むのもいいが、反面「テレワーク疲れ」も指摘される今日この頃である。「テレワークながら族」のPCを打つ手をいったん止めさせて、疲れやストレスをリセットさせる毒気、つまりは『ピー』のようなネタが増えれば、鬼に金棒になると思うのである。

 

スージー鈴木:評論家
>東洋経済ONLINEの著者ページはこちら

記事提供:東洋経済ONLINE

# ナイツ# ラジオ# 東洋経済
更に読み込む