2020.08.09
LIFE STYLE

パタゴニアorザ・ノース・フェイス。手にすべき“本命エコバッグ”はどっち?

“本命”エコバッグ●レジ袋も有料化し、いっそうのエコマインドが求められる昨今。改めて地球との共存を考えるなら、傍らには常に相棒となるエコバッグが必要である。じゃあ“本命”はどれ?

そもそもが自然を愛するが故に誕生した数々のアウトドアブランドたち。彼らの作るエコバッグは、まさに余計なプラスチックごみを削減し、クリーンな世界を形づくる“器”そのものだ。

ストリートでも存在感を放つパタゴニアとザ・ノース・フェイス、彼らの本気を見てみよう。

 

パタゴニアのバッグはエコなリサイクル素材で

「マフィア・オベント・バッグ」/パタゴニア 
「マフィア・オベント・バッグ」H36×W22×D12cm 5830円/パタゴニア プロビジョンズ www.patagoniaprovisions.jp

世界でもっとも“責任ある企業”として知られ、新たなミッションには“故郷である地球を救うためにビジネスを営む”と掲げる…… パタゴニアはある意味、どんな環境活動家よりも地球を憂いているブランドかもしれない。

彼らのサステイナブルな活動や理念はオーシャンズも度々追ってきた。だからこそ、そのプロダクトには全幅の信頼を置くことができる。

コチラのバッグはアルゼンチンで設立され、現在はカリフォルニアを拠点にバッグを作り続けるブランド「マフィア バッグ」との共作。マフィア バッグもアップサイクルを念頭にモノづくりを続ける、サステイナブルなブランドだ。

使われているものはなんと、すべてアップサイクル素材。カイトサーフィン用の生地とパタゴニアの古いウェットスーツを組み合わせながら作られているのでどれも唯一無二、この世に同じものは存在しない。写真も一例に過ぎず、色やデザインもそれぞれ異なる。重さは約108グラムと軽量だから折りたたんで持ち運びもOK。

もとは弁当入れだが、コンビニやスーパーでの使用はもちろん、サーフィンのワックスをまとめたり、レジャーシーンの小物入れなんかにも最適だ。

NEXT PAGE /

ザ・ノース・フェイスは強靭×多機能×コンパクト

「フライウェイトトート」/ザ・ノース・フェイス
「フライウェイトトート」H33×W32×D12cm 各5500円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

言わずもがな、ザ・ノース・フェイスもサステイナブルな社会の実現を目指して数々の活動を行ってきた。

すべてのプロダクトにつけた生涯保証、「アイスナインアワード」の創設、そして最近では環境汚染が深刻なヒマラヤ地域の復興プロジェクトにも参加する。美しい地球を守る、そんな彼らの意志が反映されたプロダクトに、我々も大いに賛同する次第。

こちらは、“フライウェイトトート”と銘打たれたトートバッグ。その名が示すとおり120グラムと軽量だが、40デニールのリップストップナイロンは優れた引き裂き強度を誇る。

パッカブルでコンパクトに。持ち運びも楽チン。

内側にはポケットをひとつとキークリップを装備。外側にはデイジーチェーンが付随しているため、カラビナやループライトなどを付ければ活用の幅もグンと広がるだろう。しかも、内部ポケットにしまい込めばコンパクトにまとまるパッカブル仕様。携行するには最高の機能だ。

手軽だから俺たちも身軽になり、さらにはリデュースも促進。改めてザ・ノース・フェイスの底力にリスペクト。

 

シンプルなエコバッグだからいっそう映える両ブランドのロゴ。自らのサステイナビリティを周囲に示すうえでも、パタゴニアやザ・ノース・フェイスなら打ってつけ。さぁ、君はどっちが好み?

 

菊地 亮=文

# アウトドアブランド# エコバッグ# サスティナブル
更に読み込む