37.5歳の人生スナップ Vol.122
2020.07.14
LIFE STYLE

「選手と会社、両者の目線で」矢貫俊之が球団広報として働きながら見つけた強み【後編】

>【前編】を読む

矢貫俊之さん

「37.5歳の人生スナップ」とは…

2008年のプロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから指名を受け、プロ野球選手となった矢貫俊之さん(36歳)。彼は2016年に現役から退き、現在は株式会社読売巨人軍で広報として活躍している。

幼少期から野球一筋だった矢貫さんは、なぜ33歳にして、球団職員としてキャリアを歩むことを決めたのだろうか。

 

プロ野球選手としての8年間は「かけがえのない経験がたくさんできた」

「プロ入りした当初は、すでに社会人野球での経験もあることから即戦力として期待されていました。でも、その期待に応えるような結果は出せませんでしたね。プロになったら、プロなりの悩みが生まれるんだなと痛感しました」。

矢貫俊之さん

「ただ、ファイターズでは1年だけ中継ぎの選手としてフルで出させていただき、オールスターゲームにも出場できたので、プロ野球選手として充実した時間を過ごせたなという感覚はあります。その後も、日本を代表する巨人というチームで活躍はできなかったものの、プレイをできたということはプラスの経験でしかなかったなと思っています」。

2008年からの8年間、ケガにも見舞われ、描いていたプロ野球選手像とはかけ離れていたかもしれない。しかし、そんな日々も彼は「自分の人生にとってプラスの財産でしかない」と前向きに捉えている。

巨人から戦力外通告を受けたのは、2016年10月のこと。同年11月12日に行われた12球団合同トライアウトに参加し、持ち前の速球をアピールしたが、どの球団からもオファーはなく、現役を退くことを決意した。

NEXT PAGE /

「野球以外のことがしたい」現役を引退後、球団職員へ

その後、株式会社読売巨人軍の営業企画部に在籍することとなった矢貫さん。

「これもまた縁の話になってしまうのですが、これからどうしようかと悩んでいたときに、野球とは別の道で進みたいなと考えていると、巨人が『球団職員にならないか』と声をかけてくれたんです。これまで培ってきた野球の知識を活かしながら、グラウンドから離れて知らないスキルを高めたかった僕としては、巨人というチームで働くことはぴったりだった。野球の仕事を中の人としてやるということに魅力を感じたんです。だから、ほかの選択肢と迷うこともなく、すぐにでもお願いしますとお答えしましたね」。

しかし、三菱ふそう川崎時代も社内で働いていたが、あくまでも部活動が中心であったために、社会人1年目と同じ程度のスキルしか持っていなかったという矢貫さん。いざ営業企画部で働き始めてみると、コピーやメールの仕方に戸惑うことも多く、「野球で例えるならばキャッチボールを始める前の段階でしたね(笑)」と冗談まじりに話してくれた。

矢貫俊之さん

その一方、仕事は楽しく、やりがいのあるものだったと振り返る。

「営業企画部では、試合の興行に携わる仕事だったんです。例えば、試合の演出の手伝いや、地方での巨人主催試合のときにはグラウンド整備もやりました。自分が持っている野球にまつわるノウハウと、選手目線の意見を提案できる立ち位置だったので、貴重な経験をさせてもらいましたね。また、同じ部署やチームの人とひとつの試合を作り上げる経験には、野球と通ずるものがあって、すごくやりがいを感じていました」。

球場

NEXT PAGE /

ただ目の前のことに取り組むなかで見つけた自分の居場所

そして、入社3年目の2019年からは、現場付き広報というポジションに就任した。

矢貫俊之さん

「実は広報ってやりたくなかったんですよね。会社の中にいて、球団リリースとか、外に発信することをチェックする部署だと思っていたので、自分のアイデアとか意見とかが出しづらいのではないかと。あと選手時代の経験から、広報は何をしているのかっていうのがはっきり見えていなかったということもあって、いちばん行きたくない部署でした」。

そんな複雑な心境を胸に、広報部に配属された矢貫さんだが、広報として働き始め、その印象は一変したという。

「メディアの皆さんといちばん近い位置にいるので、球団として売り出したいことや、選手の強みを直接提案できるのは、強みであり楽しい部分だなと思います。直近でいうと、新型コロナウイルス禍で取材なども制限したなかで、今ジャイアンツがどんな取り組みをしているのか、選手たちはどんなことをしているのかをファンの皆さんに届けるため、いろんなことを発信することにやりがいを感じました。とはいっても、おもしろいと思えるようになったのは広報の仕事の100%のうちの2%くらい。98%はまだまだ辛いことが多いですけどね(笑)」。

矢貫俊之さん

現在、入社4年目。球団の中の人としてのキャリアを重ねていくうちに、徐々に自分の立ち位置を見出せるようになってきた。

「選手と会社が目指す場所は一緒でも、言葉ひとつで頓挫してしまうこともある。でも、その感覚って、選手なら選手にしかわからないし、会社なら会社にしかわからないと思います。でも、僕はどちらの立場も経験していますから。できるだけ両者の意見を聞きながら、お互いにとって負担が少ない形になるように潤滑油になることができればいいなと思っています」。

矢貫俊之さん

「自分の経験から、選手にはできるだけ野球に集中してほしいんですよ。ただ、球団としてはメディアへの露出も大切です。だから、選手たちにとっていちばん負担にならないところは聞くようにしていますね。自然体でいる状態の延長線上に取材があるという環境、つまり選手が精神的な負担を感じずに野球に集中できる広報環境作りというのは常に心がけていきたいです」。

だからこそ、選手とのコミュニケーションが仕事としての頼みごとだけにはならないように、出番を控える選手とのキャッチボールや外国人選手とのコミュニケーションは率先して行っている。

これは広報活動でもなんでもない。しかし、手伝うことができるのに、広報だからと見て見ぬ振りをするのは逆に不自然だと話してくれた。

名前

その一方、あくまでも球団職員である立場は忘れない。現場が続いても、会社のオフィスにはできるだけ出勤するようにしている。また、選手たちの手伝いをしているときも、広報の三種の神器であるメモ、ペン、スケジュール管理用の携帯は肌身離さず持ち歩いている。

球団と選手、立場は違えどひとつのチームであることには変わりがない。だからこそ、選手も職員も笑顔で溢れていた2019シーズンの優勝は「楽しくて仕方なかった、やっていて良かったなと思いました」と笑って話してくれた。

NEXT PAGE /

プロ野球選手のセカンドキャリアをポジティブなものに

そんな矢貫さんに、今後どのようなことをしてみたいか聞いてみた。

「最終的には野球選手をやっていたときと同じで、こういう風な人になりたいなと思われる仕事がしたいと思っています」。

そう語る背景には、戦力外通告をされた野球選手のネガティブな印象を払拭し、セカンドキャリアを明るいものにしたいとの想いがある。

矢貫俊之さん

「プロを退いたあとで『野球以外の道に進みたい』と思ったのも同じ理由でした。プロ野球選手は、選ばれた人たちがなる職業。並大抵の努力だけではなれない職業に就いた人たちなので、プロ野球選手という職業から離れても、ほかの分野で必ず活躍することができる。だから、僕が野球と違う分野の掛け合わせで活躍できることが証明できたら、後に続く選手やプロ野球選手を目指している子たちは、後先考えず、さらに集中して野球に没頭することができると思うんです」。

高校、大学、社会人、プロ、そして球団職員になるまで。紆余曲折ありながらも野球と共に歩んできた矢貫さんの人生だが、どんなときも自分の現状を悲観的には思わず、ポジティブに捉えていったという。だからこそ、野球選手を終えてからの人生も決して暗いものではないと伝えたい、そして伝えられる立場にある。

これからも矢貫さんは、野球を愛する人々のために、ただただ前を向いて進んでいく。

球場

■読売巨人軍の最新情報はこちら
公式サイト:https://www.giants.jp/top.html
Twitter:@TokyoGiants
Instagram:@yomiuri.giants
YouTube:チャンネル登録
■矢貫さんもSNSで情報発信中!
Instagram:@yanuki_33_48

 

連載「37.5歳の人生スナップ」一覧へ

「37.5歳の人生スナップ」
もうすぐ人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。鬱屈した思いを抱えているなら、彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。 上に戻る

於ありさ=文 小島マサヒロ=写真

# 37.5歳の人生スナップ# プロ野球# 矢貫俊之# 読売巨人軍
更に読み込む