夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.40
2020.07.12
LIFE STYLE

料理が美味くなる、俺の“鉄板”フライパン。料理好き7人の愛用品を公開!

料理男子7人にお気に入りのフライパンについて聞いてみたところ、圧倒的な支持を得たのが“鉄製”のものだ。

ステーキが美味しくなった、キャンプでも使える、正直ビュアルが好み、などなど。確かに男心をくすぐるポイントが満載だ!

 

手をかけ自分なりの鉄フライパンに

「ターク」のクラシックフライパン

「ターク」のクラシックフライパン
家でステーキなどを焼くときに使っています。分厚い鉄製なので蓄熱性が高く、非常においしく焼けるんです。

キャンプの際そのまま焚き火に突っ込んで調理できるタフさも気に入っています。手入れは必要ですが、それがまた愛着になって、男心をくすぐってきます。
キャンプに持っていく愛用料理道具を教えてくれた記事も必見!

アウトドアタレント
たけだバーベキューさん(34歳)

 

 

オーブンからそのまま食卓へ

「机上工芸舎」の鉄製フライパン

「机上工芸舎」の鉄製フライパン
鉄製フライパンは温度が下がりにくく、肉の火入れがうまくいく。なかでも取っ手が外せるこれは、そのままオーブンに入れられて便利です。

当然、食卓にもそのまま持っていけます。これで作る、パルメジャーノ添えグリーンアスパラのグリルと目玉焼きがマイブーム。

シェルシュ オーナー
丸山智博さん(39歳)

 

NEXT PAGE /

丁寧なハンドメイドに思わずひと目惚れ

「槇塚 登」の全鉄フライパン

「槇塚 登」の全鉄フライパン
たまたま遊びに行ったギャラリーで見つけたのですが、鉄工所で作られているオールハンドメイドの仕事に感銘を受けました。

ビジュアルも実に好みで、これをきっかけに料理を始めたほど。今ではオムレツやステーキを、火加減に気を配りながら焼いて楽しんでいます。

会社員
チャッキーさん

 

 

味の良さにはきっと感動!

「ターク」のクラシックフライパン

「ターク」のクラシックフライパン
いろいろ調べた結果、鉄のフライパンはこれに落ち着きました。正直、めちゃくちゃ重くて使い勝手はイマイチ。

でも一枚の鉄板を叩き上げたゆえの佇まいは素晴らしく、肉や野菜を焼けば味の良さに驚くはずです。とにかく焼き物が好きな方は、一度試してほしいです。

カメラマン
曽根将樹さん(45歳)

 

NEXT PAGE /

機能的で美しい南部鉄器の名品

「小笠原陸兆」のミニパン

「小笠原陸兆」のミニパン
蒸し料理からグリルまで、これひとつでOKです。形が可愛いらしく、オーブンに入れられる点でも優れていますね。

既に他界されていますが、小笠原陸兆さんの作品はどれも素敵。実は料理研究家の母もコラボしていて、我が家では欠かせない道具のひとつです。

料理研究家
栗原心平さん(41歳)

 

 

職人技が光る、一生もののフライパン

「釜浅商店」の鉄打ち出しフライパン

「釜浅商店」の鉄打ち出しフライパン
打ち出し製法で作られていて、職人が厚手の鉄板を何度も叩くことで生まれる細かい凹凸が油なじみを良くしてくれます。

そうすると蓄熱、保温性がより高まり、焦げ目もしっかり付けられる。野菜炒めはシャキシャキ、オムレツはふっくら。料理がおいしく仕上がります。

コンサルティング ファッションディレクター
佐々木みみおさん(58歳)

 

 

長く使えば使うほど身体に馴染む相棒的存在

「ロッジ」のシーズンスチール スキレット

「ロッジ」のシーズンスチール スキレット
道具は長く使っていくことで自然と身体に馴染んでくるものなので、シンプルで丈夫なアイテムが僕の選びのキモになります。

特にこのような鉄器具は、きちんと手入れをしてあげればそれに応えてくれる。ステーキや、大きな肉の塊を焼くときに活躍してくれています。

ヒグマドーナッツ オーナー
春日井 順さん(41歳)

 

 

増山直樹、菊地 亮=文

# フライパン# 料理
更に読み込む