隣のオッサンは青いか?[ライフスタイル編] Vol.26
2020.05.26
LIFE STYLE

家族関係、週末の過ごし方……。既婚子持ち40代男性の外出自粛生活の実態

隣のオッサン

「隣のオッサンは青いか?」とは……

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛生活が始まって2カ月以上。

緊急事態宣言の解除後も、しばらくはウイルス対策を意識しながらの生活が続きそうだ。「ウイルスは恐いが、さすがに疲れた」と感じている人も多いと思うが、既婚子持ちの40代男性にとっての外出自粛生活とはどんなものだったか。

隣のオッサンの実態を明らかにしていきたい。

外出自粛生活で良くなったこと・悪くなったこと

Q.外出自粛によって家族と過ごす時間が増えたことで、家族関係は良くなりましたか?
・良くなった 19.8%
・悪くなった 6.6%
・変わらない 72.2%
・家族とは同居していない 1.4%

「変わらない」と答えた人が最も多く、約7割を占めた一方で、「良くなった」と答えた人は2割弱に留まった。また「悪くなった」という人はわずかに6.6%と、外出自粛生活による家族関係の変化はさほど大きくないのが実情のようだ。では、具体的にどのような変化があったのか、次の結果を見てみよう。

Q.外出自粛によって家族関係が変化した理由を教えてください。また、外出自粛中に家族間で起こった出来事を具体的に教えてください。

【良くなったこと】
・「食事を一緒にするので会話が増えた」(49歳)
・「家事をするようになった」(48歳)
・「子供に仕事の様子を見せることができる。それがきっかけで会話が増えた」

【悪くなったこと】
・「ケンカが増える」(41歳)
・「子供たちのストレスが溜まっている」(44歳)
・「妻のストレスが高まっているように感じる」(41歳)
・「常に除菌に気を付けるようしつこく言っていたら、家族の機嫌が悪くなった」(42歳)

家にいる時間が増える=家族との時間増える、ということ。よって、家族とのコミュニケーションが必然的に増えたことを、「良かったこと」捉えている人は非常に多い。

また、「平日の夕方を家事や掃除の手伝いに活用している。以前は休日にまとめて行っていた家事を平日の夕方に消化できるので、家事の先送りがなくなり、家がきれいになって、精神的な落ち着きもできた」(49歳)という回答が象徴するように、普段は忙しさを理由にやらなかった(できなかった)家事や育児をする機会が増えたことも、父親・夫としてのポジティブな変化と感じている人も少なくない。

一方で、その逆パターンもある。ずーっと自宅にいることで気分転換が難しく、自分はもちろん、妻や子供のイライラが募り、家庭内の雰囲気が悪くなってしまったケースだ。「子供は遊ぶ時間が増えて喜んでいるが、家内は気を抜ける時間がなく疲弊している。特に食事を毎食、家族全員でとるため準備が大変そう。外食の逃げ道がなく、ピザのデリバリーをとる程度」(44歳)というように、今回のコロナ騒動はストレス発散の逃げ道が限られていることが、精神的な疲弊を誘発する大きな要因になっているのは間違いない。

NEXT PAGE /

自粛中の週末の過ごし方と解除されたらやりたいこと

隣のオッサン

Q.外出自粛中の週末の自宅での過ごし方について教えてください。
・「Netflixを見てる」(43歳)
・「家でゴロゴロするか、片付けを行う」(43歳)
・「子供とゲーム」(46歳)
・「ゴルフの練習」(48歳)
・「食料品や日用品のみサッと買いに行って、あとは洗車したり部屋でくつろいでます」(42歳)
・「自宅の庭でガーデニングをやるようになった」(45歳)
・「マスクを作ったり、溜まっていた私用をこなしたり、家事をしたり、家の傷んでいたところを直したり、いろいろ」(45歳)
・「YouTubeなどで検索したダンスをおどったり人通りが少ない場所で散歩、また庭で縄跳び」(41歳)

外出自粛中の隣の40代は具体的にどのような過ごし方をしているのか。録り溜めておいたテレビ番組や動画配信サービスで海外ドラマを一気見する、子供と一緒にゲーム三昧、家の大掃除といった回答が目立つが、どれもコロナ騒動の前には“できそうでできなかったこと”。場所や範囲が限られていれば、できることも当然限られてくるので、多くの人が似たような行動パターンになるのは致し方ない。ある意味“今しかできないこと”だから、そこに思い切り時間を割けているポジティブに考えるべきではなかろうか。

Q.外出自粛が解除されたら一番最初にやりたいことを具体的に教えてください。
・「温泉に行きたい」(45歳)
・「旅行に行きたい」(48歳)
・「子供の通学送迎」(49歳)
・「街に買い物に出かけたい」(47歳)
・「友達と飲みに行く」(45歳)
・「ドライブや釣りなど趣味に時間を費やしたい」(43歳)
・「ゴルフをしたい」(45歳)
・「ジムで汗を流す」(46歳)
・「野球観戦」(44歳)
・「キャンプに行く」(49歳)
・「家族で遊園地に行きたい」(44歳)
・「本当に大丈夫かしばらく様子を見ます」(46歳)

最後に、外出自粛が解除された後にやりたいことを聞いてみた。結果は、コロナ騒動の前には当たり前のように行っていたことばかり。ショッピング、旅行、飲み会、趣味……、なかには「お得意様への訪問」(48歳)など、仕事関係の人に直接会いたいと回答した人もいる。平凡な日常が自分にとってかけがえのないものだったと実感している人がほとんどだ。

緊急事態宣言も解除も間もなくだが、新型コロナウイルスと向き合う日々はしばらく続きそうだ。新しい生活スタイルを模索しながら、平穏無事な日常を粛々と積み重ねていくしかない。誰もがそう思っているはずだ。

連載「隣のオッサンは青いか?」一覧へ

「隣のオッサンは青いか?」
酸いも甘いもかみ分けて、世の中のおおよそのことがわかった年代。けど、いまだにわからないのが、人の心。家族や友人に同僚、あるいは自分の心だって、イマイチ理解できないことは多々あるのだから難しい。そこで、世間に秘めたる胸の内を問う! タテマエはさておき、実際どう考えてます? 上に戻る

ファストアスク=アンケート協力
対象:既婚子持ちの40代会社員男性221人

# 外出自粛生活# 新型コロナウイルス# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む