2019.11.25
LIFE STYLE
PR

「FIVEISM × THREEのアイブロウ」で作る、パーティに映える素敵顔

キミの素顔を素敵顔へ
大注目の男性用コスメブランド「ファイブイズム × スリー」を使って、俺たちの素顔をセンスアップする全6回の集中講座。

>vol.4の「簡単に1dayヘアカラーをする方法」を見る

vol.5
初めてでも上手くいく「アイブロウスティック」

NEXT PAGE /

素敵顔を作る3ステップ

STEP1:スクリューブラシで眉の毛流れを整える

眉を描く前に、スクリューブラシで毛の流れを整える。眉間側から外に向かって、弧を描くようにブラシを動かしていこう。

 

STEP2:反対側のキャップを外し、ペン先を2mm出す

ペンは2mmぐらいを目安に出す。出し過ぎると折れやすくなるので要注意。細かな作業なのでペンを短く持ちたくなるが、短く持ちすぎると力が入って濃い眉になってしまうので、ペンの中央を持つのが正解。

NEXT PAGE /

STEP3:毛流れに合わせながら、毛の間を埋めるように描く

眉頭は最後に残しておいて、まずは眉の中央付近からスタート。毛が薄くなっている部分を埋めるように、眉尻まで同じ方向にペンを動かしていこう。最後の眉頭は、軽く色付け程度に留めておくのがポイント。

 

STEP4:スクリューブラシでぼかして整える

スクリューブラシで再度、全体を馴染ませるように毛の流れを整えれば、より自然な仕上がりに。最後も眉間側から外に向かって、弧を描くように整えればOK。

 

よし! 準備完了!

NEXT PAGE /

眉の薄さも白髪もキリッと整える「アイブロウスティック」

男性が眉を描くとなると、ハードルの高さを感じてしまうが、これなら気軽に、手軽にできそうと思わせてくれる、一見してアイブロウペンシルとは思えないシャープなルックス。上のペンシル部分で眉をなぞるように色みを足し、下のブラシで馴染ませれば完成だ。

塗りやすさを考慮して、ペン先をしずく型に成形。5色展開(上のモデルは少し濃いめの04番を使用)で、自分の毛に合った色が見つかるのもポイント。もちろん眉毛が顔の印象を大きく左右することくらいは承知だが、きっかけが欲しいところ。折しも忘年会を筆頭に、何かと招宴にあずかることの多い年の瀬。時には社を代表してちょっとした式辞を述べることもあるかもしれない。今こそ、キリッとした顔を作る時季だと思うのだ。ペンシル部分2400円、ブラシ付きホルダー2000円/ともにファイブイズム × スリー www.fiveism-x-three.com/onlineshop

[問い合わせ]
ファイブイズム × スリー カスタマーサポート
0120-330-019
www.fiveism-x-three. com

清水将之(mili)=撮影(スチール) 三浦孝明=撮影(ムービー) 荒木大輔=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

■モデル着用アイテム
スーツ12万円/ブリッラ ペル イル グスト、(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)

# アイブロウ# スリー# ファイブイズム#
更に読み込む