2019.10.30
LIFE STYLE
PR

「ひとりはみんなのために!」エディ・ジョーンズが伝えたいケアの重要性

仕事でも、家庭でも、ある意味で「チーム」をまとめる我々40代男性。さまざまなシーンで、「自分のために」だけではなく、周囲への“ケア”が重要になってきた。

折しも今、世界的なラグビーコーチであるエディ・ジョーンズさん(59歳)が、イングランド代表のヘッドコーチとして来日中だ。

エディ・ジョーンズ氏(59歳):複数のラグビーナショナルチームのヘッドコーチを歴任。ワールドカップでも3度にわたる監督を経験する。2012年から2015年まで日本代表チームのヘッドコーチを務め、奇跡と言われたワールドカップでの南アフリカ戦勝利をもたらした。ビジネスの世界でも、ゴールドマン・サックス日本にて人材育成のアドバイザーとして招聘されている。

2015年、日本が南アフリカに歴史的な勝利をし、世界中が驚いた。その大きな原動力となったのが、当時HC(ヘッドコーチ)だったエディ・ジョーンズさんその人。

選手たちのメンタルを変えたコーチング力の高さは、その後、彼の言動をまとめた数々の著作が出たことからも知られるところ。

あれから4年。また、エディ・ジョーンズさんが日本に帰ってきた。今度は、イングランド代表のHCとして。そして、男性の肌を守るブランド「ダヴメン+ケア」のパートナーとして。

これはマネジメント全般に言えることだが、コーチ業は、言ってみれば選手の“ケア”こそ重要なタスク。エディさんがパートナーを務めるメンズケアブランド「ダヴメン+ケア」でも、周囲の人たちへの“ケア”を怠らない尊重や尊敬の意識を持った男性をサポートしており、それはイギリス発祥で紳士のスポーツと言われるラグビーの理念とも共通するところ。つまり彼もまた、「ダヴメン+ケア」と同じ“ケア”上手というわけだ。

翻って我々40代。気がつけば、会社におけるリーダー的な地位だったり、家族における大黒柱的存在だったりを努めてはいないか。我々は果たして、仕事において、家庭において、そのチームをうまくマネジメントできているだろうか?

そこで、来日したばかりのエディさんに、チームを統べるリーダーとして、そして1人の男として、“ケア”すべきあれこれを聞いてみた!

「ダヴメン+ケア」について詳しくはこちら

NEXT PAGE /

チームを勝利に導く、ビジネスに必要な“ケア”とは?

まずは、ビジネスにおけるケアの話。チームの勝利に必要なことを3つ教えてくれた。チームの勝利という言葉を、それぞれの仕事でのミッションに置き換えてほしい。

「必要な3つとは、①ヴィジョン ②プラン ③エクストラな何かを引き出すこと。まず、ヴィジョンについて。成し遂げるには夢が必要ということです。ワクワクするような夢がないといけない。特別なプロジェクトに参加している、という感覚を持ってもらうのです。実は、日本で私が掲げたヴィジョンというのは、かつてのラグビー人気を取り戻すこと。かつて大人気だったドラマ『スクール・ウォーズ』は知っていますよね?(笑)。

そして、人気回復には勝利が絶対です。そこで私は、勝つためのプランを立てたわけです。これは非常にシンプルなこと。ご想像のとおり、日本人は体格が小さい。それは弱みではあるけれど、私はそれ以外の強みを伸ばすことに注力しました。チームワークに向いている勤勉な気質。そして敏捷性も素晴らしいと思います。

3点目は、何かエクストラな上澄みを見つけるということ。他国の練習が、大概1日2回のところを、1日3回行いました。より賢く、より強く、より早くを目標にたどり着くためのハードワークを実践したのです」。

ここまでの話をよく噛み砕いて考えると、至極当たり前のことのように思える。が、我が身に置き換えたときに、果たして実践できているだろうか。ヴィジョンとそのためのプラン立て。さらなるハードワーク……などなど。これらは、口で言うほど簡単なものではないだろう。エディさんは続ける。

「ハードワークとは、ストレスを与えること。ストレスとは、課題を突きつけること。課題がなく、心地良いぬるま湯状態では向上はしません。そして、それ以上に必要なのが、ストレスを回復するだけのレスト(休息)なのです。『スクール・ウォーズ』の時代のように練習一辺倒では嫌になってしまいますね(笑)」。

NEXT PAGE /

“ケア”に欠かせないのは観察力とコミュニケーション

エディさんは常に、選手たちの体や心のケアついて、目を光らせていたというわけだ。そのために何よりも欠かせないのが観察力だという。

「今、メンバーがどのようなステータスにあるのかを見極めるのが、非常に重要な仕事。普段はどのような振る舞い、服装はどうかなど、常に観察して把握していなければ、いつもと違うかどうかも見極められないですよね。ケアというのは究極のところ、1人ひとりとの関係づくりにあると思います。

その人物の行動を変えるには、何が最も影響を及ぼすか? そういった人物のディテールを知るには、コミュニケーションしかありません。話し言葉によってのコミュニケーションだけでなく、紙に書いたメッセージがいい人、ビジュアルを見せたほうがいい人、さまざまです」。

かつての自身がHCを務めたチームで起こったコミュニケーションに関するエピソードを教えてくれた。それはチーム躍進の立役者となった選手について。

「彼は、チームに入ってまもなく、練習にあまり身が入っていないように見えました。彼自身、そのことを自覚していたんでしょうね。“今度、話そう”と私が声をかけたとき、きっと私から怒られるだろうと思ったようです。その“今度、話そう“という機会までの数日、特段口も聞かず、そのままにしていました。そして、その機会を迎えます。

夕食を食べました。まったくラグビーの話はしないで、プライベートの話ばかり。ただ最後にひと言、『君は態度を変えていかないといけないよ』と告げました。最初から、彼は何を言われるか、わかっていたわけです。自分の課題を理解していたのですね。結果、翌日の練習から彼はガラリと変わりました」。

エディさんはその選手に、いちいち「あれをこうしろ、これをああしろ」とは言わなかったのだ。送ったのは無言のメッセージ。

「ただし敬意を忘れてはいけません。コーチと選手は対等なもの。互いに良い関係を築いて、自分で関わり、気づいて実行してもらう。そのためにもヴィジョンを共有して同じ目標に向かうことが大切です」。

選手のケアに必要なコミュニケーションにおいては、「伝えたいことをきちんと伝える」ことも怠ってはいけないという。

「私のルールでは、要点は3つまで、にしています。100の間違ったことがあっても、とにかく3つに絞る。人は、大概3つ以上のことは覚えられないからです(笑)。とにかく、複雑なことはシンプルに伝える。世の中のことは突き詰めれば大抵シンプルですから」。

“きちんと伝える”行為には時として、選手であれば耳を背けたくなる話もあるだろう。それを聞くのもストレスかもしれない。それでもエディさんは、伝える。

「『嫌われる勇気』という本が日本でも人気ですよね。ヴィジョンの遂行のためにも、いいリーダーは、嫌われる勇気を持たなければなりません。人に好かれようとしてはいけません。ここに必要なのが、相互の信頼関係。コーチと選手が対等であるために、互いに敬意を持つことが求められます。何より相手から依頼されたタスクを全力でこなすこと。次にこちらが何かタスクを依頼したときには、より多くの成果を返してくれるかもしれません」。

ラグビーは紳士のスポーツ。成熟した男たちの敬意のこもったコミュニケーションこそ、ヴィジョンの達成に大きく貢献するのだ。

NEXT PAGE /

名コーチは、自分に対する「ケア」も怠らない

ここまではエディさんが、チームに対して行ってきた“ケア”の話だったが、これからは自分への“ケア”について。嫌われることを厭わず、コミュニケーションを築いてきたからこそ、人にストレスを与えるだけでなく、自分にも多大なストレスをかけてきたはずだ。

「自分へのストレスに対するケアには、ルーティーンが必要だと思います。私は朝、ジムに行きます。45分間トレーニングをして、スチームバスでリラクゼーションをします。機会があれば、夜も入るのがベター。自分はどのようにしたら十分リラックスできるのか、ということは、きちんと知っておく必要がありますね。

ルーティーンができなくても、ラグビーから一度離れる、ということはよくやります。この前の大会では、ドラマ『ハウス・オブ・カード』なんかを見ましたよ。ほかにも、『ダヴメン+ケア』を使ったグルーミングはリラックスできます。そうそう、これもルーティーンに入っていますよ(笑)」。

他人だけでなく自らの“ケア”も怠らず、コンディションを維持するエディさん。ハードなタスクをこなしているように見受けるが、これまでに辞めたくなるようなことはなかったのだろうか。

「ないですよ。でも、辛いことはあります。それは、メンバーに対して“君はもうチームにいることはできない”と戦力外通告をするときです。これはいまだに慣れることができません。精神的に非常に辛い行為です」。

遠征の多いスポーツだけにジェットセッターでもあるエディさん。ご家族との関係を良好に保つための“ケア”についても聞いてみた。

「これも、やはりコミュニケーションですよね。私の母は、現在93歳ですが、どこからでも毎朝電話で話しています。妻も同じように、出張のときは連絡していますね。オーストラリアに住む1人娘は、たまに連絡してきますが、大概は買いたいものがあるときです(笑)。

家族というのも、ギブ&テイクの協力関係。ケアしているつもりが、されていることもあります。近しい人であっても、常にリスペクトを持って接すること。そしてそのためには、自分へのストレスを洗い流すためのセルフケアが必要なんです」。

「ダヴメン+ケア」について詳しくはこちら

NEXT PAGE /

ストレスを洗い流すためのルーティンに「ダヴメン+ケア」を

ダヴメン+ケア モイスチャー 泡洗顔料

140ml /ダヴメン+ケア(ユニリーバ・ジャパン 0120-110-747)

男の肌に関するストレス・悩みのナンバーワンは、ベタつき(※楽天リサーチ30・40代 肌悩みランキング調べ)である。そこで、その洗浄ばかりに気をとられると乾燥するうえに、肌を守るためにさらに皮脂が分泌されてしまう。理由は男性の肌の水分量は女性より少ないため。したがって、男性の肌洗浄には、保湿が不可欠なのだ。そこでおすすめしたいのが、ダヴメン+ケアの泡洗顔料。しっかりうるおうのにベタつかないのが特徴だ。


ダヴメン+ケア オールインワンクリーム

70g /ダヴメン+ケア(ユニリーバ・ジャパン 0120-110-747)

こちらは、めんどうなスキンケアをひとつで完了させる優れもの。化粧水・乳液・クリームの役割をまとめており、忙しい朝のタイム“ケア”もしてくれる。


ダヴメン+ケア マイルド乳液

130ml /ダヴメン+ケア(ユニリーバ・ジャパン 0120-110-747)

合成着色料無添加、パラベン無添加、無香料とすることで、肌に優しい低刺激処方となっている。有効成分としてグリセリン、ステアリン酸、ヒドロキシエチルウレアを含有し、敏感な男の肌へのストレスも抑えてくれている。

さすが“ケア”の達人と、世界が認めるエディさん。自身も仕事のケア、家庭のケア、そして、最後は自分のケアを追求して、「ヴィジョンの達成」を手に入れたいところ。

その傍らには、「ダヴメン+ケア」もお忘れなく。

「ダヴメン+ケア」について詳しくはこちら


[問い合わせ]
ユニリーバ  お客様相談室  
0120-110-747
www.unilever.co.jp


山本 大=写真(人物) 髙村将司=文

# エディ・ジョーンズ# スキンケア# ダヴメン+ケア# ユニリーバ# ラグビー
更に読み込む