オーシャンズな男は「ずばりDENIMに戻りたい」 Vol.53
2019.10.27
LIFE STYLE

クマ&くすみで疲労困憊顔には、男も男のコンシーラーで隠蔽工作を

商談、デート、同窓会……etc.。男には勝負の日というものがある。勝敗はともかく、「備える者に女神は微笑む」という格言を胸に、心身も身なりもベストな状態でその日に臨むのが男というもの。

ただ、そんな日に限って鏡を見ると、目元にクマやくすみが……。男は顔じゃないとはいえ、若々しい印象が損なわれるのは明らかにハンディとなる。

こんなとき、女性はコンシーラーなる化粧品を使う。これはベースメイクの一種で、肌色のテクスチャーを肌に塗るだけでクマやくすみをカモフラージュできるもの。はっきり言おう。こんな優れモノを女性だけのものと決めつけるのは損。男だって堂々とコンシーラーを活用すべきだ。

たとえば、カリスマ的人気を誇るジェンダーレスコスメ、ファイブイズム バイ スリーの「コンシール バー」なんて最高だ。

隠蔽感を抑えた自然な仕上がりと長時間のカバー力を両立したコンシーラー。/ファイブイズム バイ スリー
隠蔽感を抑えた自然な仕上がりと長時間のカバー力を両立したコンシーラー。男性にも使いやすい6色が展開されているのもポイント。シンプルを極めたパッケージデザインは男性が持っていても違和感ゼロ。各5200円/ファイブイズム バイ スリー 0120-330-019

使い方はシンプル。先端のスティックから指で適量を取り、手の甲で馴染ませてから、気になる部分に塗るだけ。するとテクスチャーが肌に馴染み、クマやくすみがあっという間に目立たなくなるのだ。ほかにもシミや毛穴、ニキビ跡、ひげの剃り跡など、さまざまな肌トラブルを手っ取り早くカモフラできる。

「塗っていることがバレたら照れくさい……」なんて男性ならではの不安も一掃する。確かにコンシーラーの中には塗った跡が目立ってしまうものもある。その点、コンシール バーは、粒子が細かく、かつ密着度が高いため、塗った跡が目立ちにくい。

また、男性が使えるよう色のトーンが6種類も用意されているから、明るい肌から日焼け肌まで、自分にぴったりな色を選ぶことができる。

[使い方]洗顔後、化粧水で整えた清潔な肌に使うのが理想。先端のスティックを5mmほど出して、薬指の腹で取って手の甲で馴染ませる。カバーしたい部分に薬指を使って丁寧に塗る。

気になる使用感も秀逸。テクスチャーは軽くてメイクに慣れていない男性でも気になりにくく、時間が経ってもよれにくい。とどめに植物由来成分や植物オイルのおかげで、スキンケア効果だって期待できるのだ。

洗顔後のちょい塗りで表情の若々しさを取り戻せる秘密のコスメ。これぞステイヤングな男の秘密兵器だ。

 

小林孝至(イタルスタジオ)、上樂博之=写真 勝間亮平=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=編集・文

# STAY YOUNG# コンシーラー# ジェンダーレスコスメ# ファイブイズム バイ スリー
更に読み込む