SEAWARD TRIP Vol.76
2019.09.01
LIFE STYLE

サーフデビューは、手ぶらで、気楽に 〜Be A Surfer〜

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

今回は「Be A Surfer」

湘南・辻堂で少人数のサーフィンスクールを展開する「アイサーファー」。

この夏こそサーフィンを始めたい。そう思いながら、秋の訪れとともに結局やらずじまいだった自分に気付く。どこで始められるのかといった疑問に答える情報にアプローチできなかったり、ギアやクルマの必要性を頭に浮かべ腰が重くなる、なんてことも。

けれど今は電車でサーフデビューができる時代である。ギアの所有も不要。手ぶらで気軽にサーフィンが始められるのだ。一例は、湘南・辻堂で少人数のサーフィンスクールを展開する「アイサーファー」。初めての人には「体験コース」が用意され、ギアのレンタル料が含まれ約2時間で5400円。初回でのテイクオフを目指す。

辻堂駅までの無料送迎サービスがあるためクルマを持っていない人も安心して参加可能。心地良い疲労感に包まれた帰りの車内でビールをグビッ。そんな楽しみも待っている。東京からなら1時間ほど電車に揺られるだけでかなうサーフデビュー。今年の夏こそサーファーへの門を叩いてみてはどうか?

memo
他のスポーツでは味わえない、波をサーっと滑る感覚に魅せられると、サーファーはいくつになってもパドルアウトを繰り返すことになる。さらにサーフィンを続けていれば「やっていてよかった」と思える瞬間が必ず訪れる。しだいに良くなる波を自分だけが独占したり、周囲をピンク色に染め上がる夕暮れに包まれたり。いずれもサーファーだからこそ出会える瞬間。その味わいを堪能するためにも、まずはこの夏、サーフデビューを果たしたい。

高橋賢勇=写真 小山内 隆=編集・文

# seaward# アイサーファー# サーフデビュー# 湘南・辻堂
更に読み込む