Camp Gear Note Vol.7
2019.08.28
LIFE STYLE

革新を続ける「ザ・ノース・フェイス」のDNA。次なるステージはサステイナブル

連載「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。

ロゴ

アパレルからギアまで、爆発的な人気がある「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」。しかし、そのルーツを知る人はそう多くないだろう。

じつは小さなアウトドアショップから、ワールドワイドなブランドへと成長したブランドなのだ。過去から最新テクノロジーを採用した注目作まで、プレスチーム リーダーを務める、宮﨑 浩さんに教えてもらった。

小売から世界屈指のアウトドアブランドへ

宮崎さん
宮﨑さんはサーフィンにスノーボード、キャンプなど、さまざまなアクティビティをこなし、いずれもかなりの腕前。アウトドアカルチャーへの造詣も深い。

——「ザ・ノース・フェイス」はもともとショップだったんですか?

ええ、1966年にサンフランシスコでオープンした、主にスキー用品とバックパックを扱う小売店です。レセプションパーティではまだ無名だったザ・グレイトフル・デッドがライブし、セキュリティ担当はバイク乗りの不良集団ヘルズ・エンジェルズ。かなり斬新なイベントだったようで、当時の若者たちから絶大な人気を得ていました。

オーナーでありブランド創設者のダグラス・トンプキンスは、自然を愛するアウトドマンで知られていた。彼の考えに賛同する人々がオープニングイベントで協力をしてくれました。

パンフレット

——ブランド名やロゴの由来は?

ノースフェイスとは雪が残りやすい山の北側を指します。つまり、登山において最も過酷なルートです。ロゴもヨセミテ国立公園の自然からインスパイアを得ていて、“もっとも困難な道を行く“との思いが込められています。

NEXT PAGE /

カウンターカルチャー的なアウトドアの価値観を牽引

宮崎さん
「最低温度規格を表記したシュラフはとても画期的でした。リスクもあったでしょうが、それ以上の自信もあったのです」。


——初めて世に送り出したアイテムはなんですか?

60年代後半に製作したシュラフです。今でこそ当たり前になっている最低温度規格ですが、初めて表記したのは「ザ・ノース・フェイス」。既存概念にとらわれない画期的アイデアでビジネスにおける常識の裏をかいた、よほどの自信がないとできないアイデアだったと思います。

シュラフ

同時期に発表した内部フレーム採用のバックパック、ルースサックはヒット作となり、今も復刻版が高い人気を誇ります。バックパッキングという言葉がなかった時代ですが、自然の中に身を置くヒッピームーブメントと重なり、徐々に「ザ・ノース・フェイス」は知られた存在になっていきます。

バックパック

——最低温度規格や内部フレームなど、当時から独創的だったのですね。

この写真は創業時のカタログですが、表紙に商品が一切なく、ブランドと無関係のホームレスを起用。ここから何か新しい「何か」が生まれるんだというメッセージが感じられる。おそらく当時の若者たちにとってアウトドアはとてもモダンであり先鋭的な存在に映ったんだと思うんです。それは最新が最良の世界。「ザ・ノース・フェイス」は創業当時からその精神を持ち続けているわけです。

——ストリートへのアプローチもズバ抜けて早かったと思います。

’90〜2000年代はさまざまなスタイルの直営店をオープン。アウトドアフリークだけでなく、より幅広い層へ訴えてきました。新カテゴリーへの挑戦ではありますが、流れとしては自然なんです。ハードな環境で着用して快適なら、街でも気持ち良いはずですから。自分たちのテリトリーに籠らない企業風土があるからこその発想なのかもしれませんね。

NEXT PAGE /

地球にインパクトの少ないアイテムを目指して

Tシャツ
サステナブルな新素材、ブリュード・プロテインを使用したTシャツは、8月下旬に予約者限定で販売される。

——先鋭的でありつつけてきた、ザ・ノース・フェイス。現時点での最先端は?

いろいろありますが、例えば今年6月に発表した「プラネタリー・エクイリブリアム ティー」でしょうか。バイオベンチャーのスパイバーとのコラボによって誕生した、構造タンパク質とコットンのブレンドTシャツ。石油由来の素材ではないので産業をよりサステイナブルなものにできます。

宮崎さん
「自然の素晴らしさを知れば、環境にも目が向きます。その手伝いができればうれしいです。僕らはその仲間を増やしたい」。

——ユーザーだけでなく、環境にも優しいモノ作りですね。

アウトドアブランドとしては、地球にインパクトの少ないアイテムを作りたい。ですから、今後は構造タンパク質使用モデルを増やす予定です。加えて、我々のサポートによって、一人でも多くの方にフィールドに出て頂きたい。

自然が好きな仲間が増え、同じ意識と良い影響を共有することが、素晴らしい環境へとつながる。「ザ・ノース・フェイス」の最終的なミッションはそこだと考えています。

連載「Camp Gear Note」
「コールマン」編
「ogawa」編

小島マサヒロ=撮影 金井幸男=取材・文
# Camp Gear Note# アウトドア# ザ・ノース・フェイス
更に読み込む