左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.91
2019.07.29
LIFE STYLE

「スマホとつながる掛け時計」って、大人の男好みのアイデアツールかも

>連載「オッサンIT化計画」を読む

グランスクロック

天気予報やスケジュール、そして現在時刻などなど。身の回りの情報がスマートフォンにすべて集約されているのは便利な一方で、手元に端末がないと、いささか不安な気持ちになってしまうのが困ったところ。

忙しい日々を過ごす大人の男性なら、時にはスマートフォンの存在から解放され、自由な時間を過ごしてみたいものだろう。

そこでオススメしたいのが、暮らしに必要な情報だけを教えてくれるスマートな掛け時計「Glance Clock(グランスクロック)」(2万6784円[税込])である。

 

シンプルなLEDドットで天気予報やスケジュールを文字盤に表示

直径約23cmと、リビングや書斎で用いても邪魔にならないサイズのグランスクロック。その特徴を簡単にまとめると、文字盤部がLEDドットのディスプレイになっており、Bluetooth接続したスマートフォンから得た情報を表示できる、IoTクロックといったところだ。

表面
LEDドットは、布製のメッシュに覆われており非表示の際はディスプレイっぽさを感じさせない質感になる。プラスチック製の長針、短針も備わっており、アナログ時計としても機能する。
バッテリー
給電は付属の専用USBケーブルから行う。バッテリー駆動も可能で、通常の使い方なら2日間くらいは充電なしで稼働する。

LEDディスプレイに表示させる情報は、スマートフォンにインストールした専用アプリから行う。現時点(2019年7月)の日本語版で設定できる表示は日付と時刻のほか、「電話着信」、「スケジュール(GoogleカレンダーまたはApple iCal)」、「天気予報」、「アラーム」となる。

スクリーンショット
グランスクロックアプリのメイン画面。利用する機能のオンオフができるようになっている。
スクリーンショット
「天気予報」の設定画面。表示項目も、細かく指定できる。

設定した項目は、こんな感じで文字盤に表示される。

天気予報
天気予報は、文字による表示のほか、降水確率や湿度などがカラーバーで表示される。

常時表示のほか、指定した時刻ごと、予報が変化した際など、様々なタイミングで文字盤に表示させることが可能だ。

スケジュール
スケジュールは、連携させたカレンダーアプリの色分けのとおりに表示される。

登録したスケジュールの件名も表示できるのだが、残念ながらグランスクロックは日本語表示が非対応となっている。LEDドットのコマ数的に、日本語を扱うのが難しいのかもしれないが、スケジュールや電話の着信などが、文字化けのような表示になってしまうのは、ちょっと残念なところだ。

着信

ちなみに上級者向けの機能だが、グランスクロックは以前にも紹介した自動化サービス「IFTTT(イフト)」にも対応している。

IFFTの画面

ネット経由でアプレットを入手すれば、「スマートスピーカー(Alexa)で再生されている曲名を表示する」「一定以上の温度を下回ったら、屋外の気温を表示する」など、グランスクロックの機能をさらに拡張させることも可能だ。

 

スマホ疲れを癒す役にも。さりげない便利さが魅力のガジェット

冒頭でも触れたようにグランスクロックは、つまるところスマートフォンの情報を文字盤に表示できる掛け時計というだけの製品ともいえる。

なので、グランスクロックがなければ困る! またはグランスクロックがあれば、暮らしがグンと豊かになる!! というほどには、製品としての“強さ”を持ち合わせていない、というのが率直な感想である。

ただし、実際に使ってみて感じたのは、いちいちスマートフォンやPCを使わなくても、時計に目をやれば、天気や次の予定が「さりげなく」目に入ってくるのって、思っていた以上に快適かも、ということ。

ディスプレイやアラームをオフにできるナイトモードも設定できるので、特に寝室での利用に向いている製品といえるだろう。

ついつい枕元にまでスマートフォンを持ち込み、目覚めと同時に画面を見つめてしまう人も多いだろうが、スマートフォンの使い過ぎによる目の疲れや衰えが心配なところ。その点からも、今回のグランスクロックは、意外と大人の男性に優しいガジェットなのかもしれない。

 

[問い合わせ]
+Style
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=377

石井敏郎=文

# オッサンIT化計画# グランスクロック# 時計
更に読み込む