NEWS Vol.301
2019.03.02
LEISURE

アートになったミニ四駆が勢揃いする個展にオッサン胸アツ!

オーシャンズ世代は、アメカジ世代であると同時に、ミニ四駆世代でもある。最近は「第三次ミニ四駆ブーム」と盛り上がっているらしく、その中心にいるはやはり40代前後のオーシャンズ世代だとか。

1978年生まれのアーティスト、ファニー・ドレスアップ・ラボもドンピシャのミニ四駆世代のひとりだ。ただし、彼はミニ四駆を走らせるのではなく、ミニ四駆の“ステッカー”のみを使ってアート作品をつくるという、一風変わった作風で注目を集めている。

ミニ四駆のステッカーで作品を制作するアーティスト、ファニー・ドレスアップ・ラボ。

ミニ四駆世代を自認するのであれば、ぜひ渋谷・富ヶ谷で開催中の彼の個展を覗いてみてほしい。そこで直面する懐かしくも新しい世界にきっと感動するはずだから。

壁一面に並んだファニー・ドレスアップ・ラボの作品「マスク シリーズ」。

壁一面にズラリと展示されているのは、ミニ四駆のボディを“未知の部族の仮面”と捉えてドレスアップさせた、「マスク シリーズ」と名付けられた作品の数々。例えば『ダッシュ!四駆郎』の主人公の愛機「ダッシュ001号 大帝(グレートエンペラー)」もこのとおり。

『ダッシュ!四駆郎』の主人公、日ノ丸四駆郎が愛用し、当時、爆発的人気を誇った「ダッシュ001号 大帝(グレートエンペラー)」。じーっと見ていると、確かに仮面のように見えてくる。

こちらは同作品の人気キャラクター、パンクローが愛用した「ダッシュ4号 キャノンボール」だ。

パンクローが使用したマシン「ダッシュ4号 キャノンボール」。

いま30代半ばのオッサンたちは『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』でミニ四駆に熱中した世代。展示会では、当時人気を博した「トライダガーX」の姿もみられる。

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で鷹羽リョウが使用したマシン「トライダガーX」。

ファニー・ドレスアップ・ラボも少年期はミニ四駆にドハマりしたというが、今はもっぱら見る専門。

「ミニ四駆の走っている姿が大好きで、大会や模型店の店頭によく見に行っています。ミニ四駆ってオモチャの域を超えるクオリティで、しかも子供から大人までみんなが楽しめる遊び。僕が言うのもおこがましいですが、作品を通じてミニ四駆を始める人が増えてくれたらうれしいです」と、ファニー・ドレスアップ・ラボ。

作品は個展で購入も可能。会場にはポップアップストア「トミガヤ模型店」も併設されており、ミニ四駆やパーツ、ステッカーなどもその場で購入できる。作品に触発されて、数十年ぶりにミニ四駆を買って帰るという大人も少なくないそうだ。

ミニ四駆
P2030775de
懐かしのマシンから最新のマシンまで。売れ行きも好調だとか。
P203072de0
ミニ四駆のマシンやパーツを扱うポップアップストア「トミガヤ模型店」。
P2030766de
付け替えパーツの「スポンジタイヤ」。懐かしい。
P203069fr8
ミニ四駆誕生30周年となった2012年発売の「エアロアバンテ」。
P2030692de
最近のミニ四駆はボディを外さずとも、背面からバッテリーやモーターの着脱が可能。
P2030775de
P203072de0
P2030766de
P203069fr8
P2030692de

 

「ミニ四駆×アート」という、ほかでは味わえない個展。オーシャンズ世代なら、作品を見てこみ上げてくるものもあるだろう。ミニ四駆ブームを経験した我々だからこそ感動できるファニー・ドレスアップ・ラボの魅力を、ぜひ肌で感じてみては?

 

[イベント詳細]
ファニー・ドレスアップ・ラボ エキシビション&トミガヤ模型店ポップアップ
会場:トミガヤード

住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-44-12 1F
期間:2月23(土)〜3月10日(日)
営業:木・金曜15:00〜20:00(土・日曜13:00から)
月・火・水曜休み

# タミヤ# ファニー・ドレスアップ・ラボ# ミニ四駆
更に読み込む