https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0227-8/

出張前に言われた「あなたは休めていいよね」。怒る前に察するべき妻の複雑な心情

このエントリーをはてなブックマークに追加

イラスト

>連載「妻からの『キツイひと言』読解講座」をはじめから読む

夫たちが妻から言われた「キツいひと言」の裏側を現役ママでもある筆者がひもとく本連載。第2回は、毎日懸命に働く男性陣の中にはイラっときてしまう人もいそうな、衝撃のひと言をご紹介します。

出張準備中に言われた「あなたは休めていいよね」

「宿泊出張の準備をしていたら『あなたは休めていいよね』と言われた」(45歳)

これを言われたら「出張は遊びじゃないんだよ、何言ってんだ!」と怒り出す男性もいそうですね。でも、これを言った妻の気持ち、私はわかります。そして、妻たちは口には出さないけど、みんなそう思っていると思います。

それに、私自身の個人的な経験を言えば、普段の生活よりも出張先のほうがちょっと楽。むしろ私の中では、大っぴらには言わないですが、出張はちょっとだけ楽しみだったりもします(行き先やスケジュール、日数、頻度にもよりますが)。

このことを、私の周りのワーママたちに話すと、みんな揃って「わかるわかる」という反応でした。むしろ「出張楽しいよね。夫や母に子供を頼んで行く手前、大きい声では言えないけど」というのが共通した見解。出張に行くということは、ある程度責任ある仕事をしているということであり、仕事自体は決して楽なものではないはず。なのにそう思うのは何故なのでしょうか。

私がママになってから初めて泊まりの出張に行ったのは、娘が4歳くらいのときだったと思います。行き先は鹿児島。朝イチからの打ち合わせだったので、前日にどうしても泊まらなければならず、1泊することにしました。

前日、鹿児島入りしてから、一緒に行った出版社の女性編集者とふたりで食事に行き、その後お茶をしてホテルに帰りました。そのときにまず感じたのが「夜、こんなに遅くまで出歩くのは久々だな」ということと「お迎えの時間を気にしなくていいのって楽だなー」ということ。

また、毎日当たり前に行なっている食事作りや子供をお風呂に入れる、寝かしつけるという仕事が無く、自分のことだけすればいいというのは、改めて楽だなと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
6割の妻が「夫の出世」のために尽力。その中身とは?
2019.03.22 / 隣のオッサンは青いか?
「元妻とは友人以上の関係」という人が半数。その真意とは?
2019.03.15 / オーシャンズ X
皿洗い
「もっと頭を使いなさいよ!」家事・育児の場面で、妻はなぜそんなに厳しい?
2019.03.14
喧嘩する夫婦
夫200人が告白。どうしても許せなかった、愛する妻の「あの言動」
2019.03.08 / 隣のオッサンは青いか?
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05