2019.02.25
LIFE STYLE
PR

モンブラン 銀座本店が男の「伝える力」を上げる2つの理由

「デジタル時代だからこそ手書きを大切に」と考える男たちからアツい支持を受けてきたモンブラン 銀座本店が、オープンから12年の時を経て昨年末にリニューアル。ハイライトは、日本で初めての試みとなる「インクバー」と「トラベルコーナー」だ。

リニューアルオープンしたモンブラン 銀座本店。新たになったファサードはシックで高級感溢れる雰囲気。

この2つが、男の「伝える力」を上げるという。ただ新作を探しに行くだけの場所ではなくなったモンブラン 銀座本店の扉を、さっそく開けてみよう。


モンブランの「インクバー」で手に入れる自分色のメッセージ

まさにバーのように、マンツーマンで自分だけの一本探しをサポートしてくれるインクバー。

見どころ満載の新生・銀座本店にあって最大の目玉は、日本初&世界でも3番目となるインクバーだ。

その名のとおり、マイスターがバーテンダーさながらお好みの万年筆インクを“味わわせてくれる”というもので、カウンターには太さや構造が異なる全8種類のペン先、ならびに限定ライン含む10色を超えるインクが揃う。その組み合わせの妙と繊細な書き味を、ここでは心ゆくまで試すことができる。

インクバーでは8色のインクや香りつきのインクなどといった限定ラインが常時多数用意されている。限定品の中には“香りつき”のインクなど、スペシャルな逸品も。

また、その人の筆圧に合わせた万年筆選びのポイントや、モンブランのインクにまつわるエピソードなど、書くことが楽しくなる話が聞けるのもメリットだ。

そして空間も至高のひと言。壁面には色とりどりのインクボトルが飾られ、視線を上にずらせばインクをモチーフとしたムービーが映し出され、幻想的なムードが漂う。

文字のクセ、インクの色、記された言葉。すべてに自分らしさを込めたメッセージは、特別なものになるに違いない。


トラベルコーナーも新設。新トロリーで絶えず届けられるメッセージ

リニューアルに伴い設置されたトラベルコーナー。格調高いアイテムが整然と並ぶ。

もうひとつの目玉が、新設されたトラベルコーナー。ブリーフやバックパックといったレザーグッズからトロリーまで、老舗の美意識が貫かれたコレクションにはどれも風格が漂う。

そこで手に取ってもらいたいのが、トロリー「MY4810 キャビン」。昨年リリースされたばかりの傑作だ。

思わず手に取りたく理由はデザイン性の高さだけでなく……

クラフツマンシップを感じさせるレザーをアクセントにしたポリカーボネートのシックな佇まいもさることながら、ユーザビリティがすこぶる優れている。過不足ないコンパートメント構造、取り回しがスムーズで、走行音も気にならない360度回転のホイールあたりは好例だろう。

トロリーのハンドル収納部にはモバイルバッテリーを設置できるスペースが。7万3000円/モンブラン 0120-39-4810

なかでも注目は、ハンドル下に設けられたスマートフォンなどの外付けバッテリー用スペース。旅先で充電切れを心配することなくメッセージがやりとりできるのは心強い。


ラグジュアリーでありながら落ち着ける、モンブラン 銀座本店の魅力

広々とした空間にはチェアやスツール、ソファなども多く設置された。腰を落ち着けながらモンブランの世界観を心ゆくまで堪能できる。

店内はホワイトとウッドを基調とし、ラグジュアリーでありながらも落ち着きがある空間に。以前に比べ壁面を使ったディスプレーや椅子を増やすことで、商品をゆっくり見られるよう工夫も施されている。

そんな1階には、ブランドの象徴である筆記具と腕時計、レザー小物が並んでいる。

モンブランが誇る腕時計はコアな時計ファンからも高い評価を受ける。

腕時計に関してはフルラインナップが揃い、新作もいち早くショーケースに。今は、ヴィンテージテイストが人気の「モンブラン 1858」などが注目を集めている。

男の「伝える力」を上げるモンブラン 銀座本店。その魅力が伝わったのならば、ぜひ一度、足を運んでいただきたい。


[店舗詳細]
モンブラン 銀座本店
東京都中央区銀座7−9−11
03-5568-8881

[問い合わせ]
モンブラン コンタクトセンター
0120-39-4810

清水将之(mili)=写真 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 竹川 圭=文 ダンヒル=衣装協力

# トロリー# モンブラン# 万年筆# 腕時計
更に読み込む