2019.02.14
LIFE STYLE

元祖海男、マーシーみたいなサーファーになるためのギア

波に押されたときに感じる筆舌に尽くしがたい快感。ボードの上に立ったときの浮遊感。波に“当て込んだ”ときのこのうえない達成感。サーフィンの虫に1度取り憑かれたら、2度と元には戻れない。NO SURF NO LIFE。

本誌モデルでもお馴染みの元祖海男マーシーも同様で、今年で48歳を迎える自称「初老(笑)」は、今日もいい波に乗って、アフターサーフに旨いビールとメシでとびきりの笑顔を見せている! そんな模範的オッサンサーファーになるためのギアとは!?

本誌モデルでもお馴染みの元祖海男マーシーこと三浦理志


「RMDサーフボード」のサーフボード

「RMDサーフボード」のサーフボード
10万6000円〜/アイサーファー 090-6173-4173

九州・鹿児島県に拠点を持つRMDサーフボードとは10年来の付き合いのマーシーさん。自ら現地に足を運び、スタッフと一緒にサーフするなど親睦を深めてきた。そうして数年前にサーフボード共同開発の企画が生まれ、誕生したのが「マーシーフィッシュ」だ。

コンセプトは「オッサンが湘南の波で楽しめるデザイン」とマーシーは言い、小波から頭オーバーのサイズまでカバーする汎用性と、早いテイクオフや取り回しの良さが特徴になっている。何より注目したいのは“商品”であること。

「プロサーファーでもないのに……」と最初はためらいながら、せっかくの機会と思い直して開発に参加。頻繁に意見を交換し、5代目までを生み出した。オッサンサーファー諸君、マーシーに続け!

マーシーフィッシュの歴史

マーシーフィッシュ
初代
初代
ライダーとしての見識が詰まった初代型。全体を短くして湘南の小波でもスイスイ走ってくれる。
2代目
2代目
一昨年、モルジブサーフトリップ時に製作。初代をベースに、より大きな波でも楽しめるデザインに。
3代目
3代目
ハワイトリップや湘南での台風時に活躍。シングルフィンにして使ったところ、さらに調子が良くなった。
4代目
4代目
3代目より短くし、少し幅を出した。より良く改良されたものの2代目の乗り味が懐かしく思えてきた。
5代目
5代目
長さも含め、ほぼ2代目と同じデザインへ。試行錯誤を経てたどりついた、今、最もユーティリティの高い1本。
初代
2代目
3代目
4代目
5代目



「アックス クラシック ウェットスーツ」のウエットスーツ

「アックス クラシック ウェットスーツ」のウエットスーツ
7万8000〜9万4000円/シ・ワールド 0463-23-6720

日本発ウエットスーツの質は世界基準で、愛用する海外のトッププロも多い。そのうえ、こちらのブランドはシックな世界観が国内外の大人サーファーに好評。マーシーも愛用している。


「リーフ」のビーチサンダル

「リーフ」のビーチサンダル
6800円/H.L.N.A 03-6459-2431

ドクターとアスリートとで開発をした「オーソ スプリング」。フットベッドはクッション性が高く、ヒールカップ回りのデザインが正しい歩行をサポート。腰痛も防いでくれる。


「FCS」のリーシュコード

「FCS」のリーシュコード
各4800円/サーフハードウェアインターナショナルジャパン 0475-40-0640

リーシュコードはボードと身体をつなぐ必須アイテム。切れない強さと動きを妨げない軽さが何より重要。さらに足に絡まないから足元は自由。よりサーフに集中できる。


「デ ラ コスタ ウエットスーツ デタージェント」のウエットシャンプー

「デ ラ コスタ ウエットスーツ デタージェント」のウエットシャンプー
各2300円/キミーズ 0467-53-7294

洋服同様にウエットスーツも着用後は洗いたい。なぜなら汚れは想像以上で、シャンプーを使えば寿命が伸びるから。ヤシ由来の洗浄成分を配合したこのシャンプーなら仕上がりが柔らかなのもうれしい。


「ソライト」のサーフブーツ

「ソライト」のサーフブーツ
3mm厚 1万1000円/マニューバーライン 03-5245-3113

防寒ギアの進化が著しい。このブーツはお湯の熱を利用し足型に成型するもの。足の感覚が鈍ることなく、暖かく、波乗りできる。


熊野淳司=写真 諸見里 司=スタイリング 小山内 隆=文 川瀬拓郎、長谷川茂雄=編集・文

# カタログ# サーフィン# ホビー
更に読み込む