隣のオッサンは青いか? Vol.45
2019.02.10
LIFE STYLE

話し合いたい妻と抱きたい夫。夫婦喧嘩後の仲直り事情

「隣のオッサンは青いか?」を最初から読む

同じ屋根の下で暮らしている手前、夫婦喧嘩なんぞした日には気詰まりで仕方ない。なるべく早く鎮火して事なきを得たいところだが、一体どうすれば? そこで、結婚5年目以上、子供のいる40代既婚男女各100人(計200人)に夫婦喧嘩を収める方法について教えてもらった(アンケート協力:アイリサーチ)。

喧嘩するほど仲がいいはウソ? 喧嘩しない夫婦が増えている

夫婦喧嘩の修復法について尋ねてみると、下記のような結果となった。

■夫婦喧嘩が長引いたとき、あなたなりの関係修復方法を教えてください。

<男性>
1位 特にない・喧嘩はしない 41%
2位 時間を置く 22%
3位 自分から謝る 20%
4位 プレゼントする 5%
5位 スキンシップをとる 3%

<女性>
1位 特にない・喧嘩はしない 37%
2位 時間を置く 30%
3位 修復しようと思わない 9%
4位 話し合いする 6%
5位 好物の料理を作る 5%

男女ともに「特にない・喧嘩はしない」と回答した人が最も多かった。仲睦まじい夫婦が多いのか、あるいは長年連れ添ったきた経験から喧嘩を避けられるようになったのか、気になるところである。

NEXT PAGE /

喧嘩することだってある。だが、悪化させない知恵がある

喧嘩しないと答えた夫婦の回答を見てみると、もとから喧嘩しない夫婦もいる中、年月を重なるごとに喧嘩しなくなったという夫婦も多い。

「基本的に喧嘩しない。感謝と謝罪はすぐに口に出す」(男性、46歳)
「『言いたいことはお互いはっきり言おう』とルールを作った」(42歳、女性)
「最近は諦めているので喧嘩しません」(43歳、女性)

喧嘩を長引かせない秘訣のひとつに、”触れずに待つ”を貫く夫婦の姿も見えてきた。

「険悪な時期は、余計なことを言わずじっと待つ」(48歳、男性)
「喧嘩のことは持ち出さず『おはよう』と挨拶したりして、様子をみる」(46歳、女性)
「数日無視するが『腹減ったー』などと言われ、普通に戻る」(48歳、女性)
「とりあえず忘れて、次の日に引きずらない」(44歳、男性)

とことんディスカッションしないところが日本人らしいが、これは知恵でもある。喧嘩をすると心身ともに疲弊するし、子供も不安にさせてしまうこともあるからだ。


とことん話し合いたい女性、抱いて仲直りしたい男性

だが3位以降の結果に注目してみると、男女のホンネが垣間見れる。

<男性>
3位 自分から謝る 20%
4位 ちょっとしたものをプレゼントする 5%
5位 スキンシップをとる 3%

<女性>
3位 修復しようと思わない 9%
4位 好物の料理を作る 6%
5位 とことん話し合いする 5%

男女ともにプレゼントしたり、相手の好きな料理を作ったりしているものの、女性よりも男性のほうが折れるパターンが多い印象だ。

NEXT PAGE /

「家が回らなくなるからとにかく謝る」(40歳、男性)
「私からは折れません、主人が謝るよう誘導します」(47歳、女性)
「好きなデザートを買って帰る」(49歳、男性)
「余計なことは何も言わず、相手の好きなものを作ってあげます」(44歳、女性)

自分からは修復しないと決め込んでいる妻の場合、オトーチャンが折れない限りは永遠に喧嘩が終わらなそうだ……。

男女の違いが顕著に現れたのは、5位。男性の「スキンシップをとる」という回答と、女性の「とことん話し合う」という回答だ。

「喧嘩してしまったら、夜中に布団の中でいきなり抱きしめて抱擁する」(42歳、男性)
「ごめんと謝って、抱く」(44歳、男性)
「長引くことがないようにそのときに何時間かかっても話し合う」(46歳、女性)
「お互いの言い分はぶつけ合って納得したほうがいいと思う」(45歳、女性)

頭で仲直りしようとする女性、体で仲直りしようとする男性。でも共通しているのは「仲直りしよう」、「相手とちゃんと向き合おう」という心があること。仲直りの方法に男女の差はあれど、歩み寄りのサインは見逃さないでしっかり受け止めたい。


ときには喧嘩することだって必要。喧嘩を重ねて夫婦になっていく。

納得するまでとことん話し合ったり、熱く抱擁してみたり、妻の喜ぶ土産を買ったり、夫の好物を作ったり……、喧嘩するにもエネルギーを使うが、仲直りにも骨が折れる。だが、我慢を重ねて仮面夫婦になるくらいなら話し合うことも必要だし、スキンシップを図って愛情を示すこともときには必要だ。

もちろん喧嘩しないというのは理想だが、喧嘩するからこそ折り合いをつけるための知恵も身につく。喧嘩もいい思い出だったと、笑いあえたら結果オーライ。それが夫婦の醍醐味でもあるはずだ。

# 仲直り# 夫婦喧嘩# 隣のオッサンは青いか
更に読み込む