オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門 Vol.93
2019.02.03
LIFE STYLE

極寒キャンプで挑戦! 一晩かけて作る、男の本格ラクトアイス

連載「キャンプは、冬がいい。」
アウトドア・ラバー諸君、キャンプは夏のレジャーだと思っていないか? 玄人たちは、口を揃えてこう言うものだ。「キャンプは、冬がいい」。極寒の世界で特別なレジャーに挑んでみよう。

連載6回で紹介した焚き火、ホットワイン、星空観測は、落ち着いたオトナのアソビと言える。でも、面白みがいまひとつ……という人に用意したのが本企画。甘党のオッサン必見のラクトアイスづくりである!

目指すは本格派! 極寒のラクトアイス作りに挑戦してみる

ご存じの方もいるかもしれないが、じつは牛乳と砂糖、塩といった材料を使えば、雪上ではアイスクリームは簡単にできる。材料をペットボトルなどに入れ、雪上でサッカーボールのように数十分蹴って転がしてやる。すると、材料の攪拌と冷却が一度に行われ、素早く作り上げることができるのだ。

しかし、我々はいい大人……静かな夜にサッカーに興じるわけにいかない。そこで今回は、一晩零下の中に寝かせることで完成する、本格的なさっぱりラクトアイス作りに挑戦した。


カスタードから作り上げる。この手間も明朝への期待を高める布石

アイスの材料

用意したのがこちらの材料(以下、3〜4人前で作成)。本格ラクトアイス……といっても、アイス自体がそこまで凝ったお菓子ではないからシンプルだ。ただし、調理の手間はちょっとかかるカスタード作りからスタート。

① 卵・砂糖・小麦粉をよく混ぜる

卵と砂糖を混ぜる
全卵1つに砂糖60gを加え、よく混ぜ合わせる。きっちり混ざったら、小麦粉大さじ2を加え、これまたよくよく混ぜ合わせる。ある程度粘り気が出てきたら準備は完了。


② クッカーを火にかけ、牛乳を少しずつ流し入れて練る

クッカーを火にかけ、牛乳を注ぐ
①の材料をクッカーに入れたら、バーナーで加熱。200mlの牛乳を少しずつ流し入れ、さらに練っていく。


③ 火から下ろし、練乳入りの牛乳を少しずつ投入

もったりした状態

火から下ろしたクッカーは粗熱をとり(と言っても、零下の環境なので一瞬)、その中に練乳(大さじ2)を混ぜた牛乳200mlを先ほどと同じ要領で少しずつ注いでいく。空気を含ませるようにかき混ぜ、もったりしてきたら完成だ(なお、当日はフォークで混ぜ合わせたが、泡立て器を使ったり、蓋をして振ったりした方が素早くできあがる)。


④ 零下の中にクッカーを設置、翌朝を待つ

クッカーを放置
キャンプ場では、野生動物やネコなどがいるため、手の届かない場所に設置。でないと、痛い目に合ってしまう。

完成した材料を舐めてみると、見事なアイス味! 零下の中に設置する。はたして、うまく固まってくれるか?


二枚重ねの寝袋に包まって就寝。
翌朝、クッカーの蓋を開けてみると……

テント内に潜り込み、秋・冬用と、春・夏用の寝袋を二枚重ねにして就寝。ホットカーペットの暖かさを背中に感じ、改めて暖房器具の素晴らしさを感じる。翌朝のアイスのことを考えつつ、一瞬で眠りに落ちた。

夜のテントサイト

さて、翌朝6:30。寝袋から這い出してテントを出ると、昨夜から降った新雪で、一面はきれいに真っ白になっていた。はてさて、アイスはうまくできているか……?

スノーキャンプ7-1
●_35A9887
昨夜の雪が積もり、期待が高まる。
●_35A9952
さあ、フタを開けてみると……。
●_35A9954
見事に固まっている!
●_35A9887
●_35A9952
●_35A9954

表面には大きなブツブツがあるけれど、固まって見事なアイス状に。味はと言えば……うん、ちゃんとしたラクトアイスに仕上がった!

アイス完成

甘さが口いっぱいに広がり、期待以上の仕上がりに。残念ながらこの時はできなかったが、チョコレートをかけてもいいし、ジャムを添えてもいい。はたまた、凍らせる前にちょっとジュースを混ぜてみて、オレンジ味やコーヒー味へ味変するのも面白そう。次回に挑戦する時の楽しみも見つかった。

さて、次回はそんなアイス作りの裏で楽しんだ、スノーキャンプの朝について。早朝は寒さが厳しいものの、最も美しい雪景色を堪能できるマジックアワーでもある。冬キャンプの朝に押さえたいアソビも合わせて紹介。次回もお楽しみに。

>1回「スノーキャンプの魅力と注意点」を読む
>2回「防寒着とギア選び」を読む
>3回「スノーキャンプのテント設営」を読む
>4回「雪山のアニマルハント」を読む
>5回「丸鶏&生姜スープの誘惑」を読む
>6回「冬キャンプの夜アソビ」を読む

【取材協力】
北軽井沢スウィートグラス
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話番号:0279-84-2512(予約センター)※水曜定休
※営業時間・定休は季節により変更
https://sweetgrass.jp

澤田聖司=撮影 芋川 健=取材・文

# アイス# オーシャンズとレジャー# スノーキャンプ# デザート#
更に読み込む