https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-6013-4/

70歳でショートボードに乗るということ 〜A 70 Year Old Surfer〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「A 70 Year Old Surfer」

人生100年時代といわれる今、70歳の人物像とはどのようなものか。OC世代の多くは、父親がその年齢に当たるかもしれない。では父親が、ショートボードで波の上を疾走する姿を想像できるだろうか。

日本人で最初にプロサーファーとなった川井幹雄さんは、今年古希を迎えた人物。それでいて、先頃発売された映像作品『ストーン ブレイク ドリームス』には、日本だけでなく、冬のハワイを果敢に攻める川井さんの姿が収録されている。

70歳を迎えて見せるそのサーフスタイルは、おそらく海の近くに住んでいる人でも実現は難しい。理想のサーフィンを常に意識し、生活のすべてをサーフィンに捧げる必要があるためで、その姿は求道者といえる。

だが、映像の中で、ハワイの波を見て頬を緩める様子は10代のサーフキッズと変わらない。なるほど、“求道”などと難しいことではないのだろう。良い波に乗り続けたい情熱に素直でいたら今を迎えただけ、ということなのである。

3000円/マニューバーライン 03-5245-3113

川井幹雄さんは千葉・鴨川をホームにするサーフレジェンド。16歳でサーフィンと出合い、1966年に地元鴨川で開催された第1回全日本サーフィン選手権で優勝。’70年代までに6度の王座を獲得した。その川井さんにフォーカスした作品が『ストーン ブレイク ドリームス』。’78年に制作された作品『ストーン ブレイク』のリメイクで、新旧の映像をミックスしながら編集されている。

ペドロ・ゴメス=写真 小山内 隆=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
この夏、世界が日本にやってくる 〜Meet The World Surfing〜
2019.02.20 / SEAWARD TRIP
サーフボードも定額制の時代 〜Surfboard Sharing 〜
2019.02.15 / SEAWARD TRIP
“好き”を追求する人生 〜Orange Man〜
2019.02.11 / SEAWARD TRIP
良い波とある人生こそが成功だ 〜A Successful Life〜
2019.01.31 / SEAWARD TRIP
【保存版】オーシャンズが徹底調査。僕らが海を目指す理由
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17