https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1206-3/

パーッ!とやるクリスマスに用意すれば絶対に盛り上がるモノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日を過ごす部屋をキラキラ&ガチャガチャなパーティグッズで飾り付けるのは本意にあらず。俺たち的には、さりげなく、ありきたりでない、気の利いたパーティグッズを部屋に迎えたい。そんな本音に寄り添うのが、こんなアイテムだ。

家族はもちろん、気の置けない友人たちを招いてのホームパーティは、ホスト次第で“中身”が変わる。どんなに料理や飾り付けが素敵でも、みんなが盛り上がらないと意味はなし。

だからこそ、ホストである我々がゲストを楽しませることが肝心だ。ときには、特大のクラッカーを鳴らしてみたり、サンタの人形を身に着けてみたり……。自らパーティの盛り上げ役を買って出てみよう。

この日だけは、イチバンのお調子者でも許されるはずだから。


パーティの始まりは世界が認めたサングラスをかけて
ドカーンと一発、景気よく!

サングラス7万円/ファクトリー900 トーキョーベース 03-3409-0098、クラッカー3万1000円/ウイットプラン 089-906-5537、ニット6万3000円/ロンハーマン 03-3402-6839、パンツ1万8000円/RHC&ザ ハートブレイカーズ×ディッキーズ(RHC ロンハーマン 045-319-6700)

「ファクトリー900」のサングラス
6枚のミラーレンズで構成されたユニークなサングラス。パッと見はパーティグッズのようだが、2015年、パリで開催されたメガネの国際見本市で最高の「シルモドール」を受賞した福井県の職人が手掛けた由緒あるもの。アートピース的な価値をカジュアルに使う贅沢を存分に。

「ジョイフルクラッカー」のクラッカー
パーンッ! と乾いた破裂音とともに勢いよく飛び出すのは色とりどりのテープ。火薬を使わないエアー式のクラッカーは、室内での安心と安全を確保する。とはいえ勢いは抜群で、盛り上がることは間違いなしだ。戦争はもちろん反対だけど、こんなに楽しいバズーカ砲なら大歓迎!


パーティの始まりに“粋”な計らいを
「スピーカー アンド シーオー」のクラッカー

500円[4本入り]/菅公工業 03-3844-8335

パーティに欠かせないクラッカーに、日本人らしく情緒を加えたらこうなった。こちらは通年で販売される「四季のクラッカー」の冬用で、紐を引くと“雪の結晶”が舞い散る仕組み。こんなちょっとした変化球で部屋はホリデー感満載になるし、会話も弾むのだ。


ホスト役は“小さな幸せ”をゲストにサーブせよ!
「ダイカンヤマ クリスマスカンパニー」の人形

首から下げたマグネットドール各650円/代官山 クリスマスカンパニー 03-3770-1224、シャンパン「モエ アンペリアル」750ml 6300円[希望小売価格]/モエ・エ・シャンドン(MHD モエ ヘネシー ディアジオ 03-5217-9906)

「364日クリスマスイブ」をコンセプトに挙げる東京・代官山のショップで見つけたマグネットドールは、部屋のディスプレイだけでなく、こんな使い方もいいかもね。そのまま、ひとつひとつ子供たちにプレゼントするのも◎。それが終わったらいざ乾杯! 飲むのはもちろんシャンパンだ。

ニット6万3000円/ロンハーマン 03-3402-6839、パンツ1万8000円/RHC&ザ ハートブレイカーズ×ディッキーズ(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、腕時計10万1000円/ハミルトン(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371)、バングル3万6000円/レジェンド(レジェンド六角橋本店 045-421-8209)


清水健吾=写真 松田有記、伊藤良輔=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 川瀬拓郎=文 長谷川茂雄=編集

このエントリーをはてなブックマークに追加
平成最後のお花見シーズン、アナタの株を上げる5つの飲みきり酒
2019.03.23
女性に贈るギフトの正解「見えないからありがたい」の真意とは?
2018.12.16
理屈抜きでハッピーにしてくれる、贈られてうれしい「アメリカンな小物」
2018.12.13
1万円以内でセンスが光るプレゼント。例えばこんなのいいんじゃない?
2018.12.12
俺たちなりのクリスマス
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05