Good Packing Guy Vol.14
2018.10.27
LIFE STYLE

オンでもオフでも役に立つ! 超軽量バッグの仕分け&収納術

連載「Good Packing Guy」
お気に入りのバッグを選んだはいいけど、“中身”はどうか。出張や旅行、通勤やおでかけまで、常につきまとうのがパッキングという作業。賢く効率的に荷物を詰めるテクニックを学べば、毎日がきっと楽しくなる。目指せ、Good Packing Guy!

出張族のみならず、休日の旅行や趣味のアウトドア、それに出勤にも役立つのがバッグのオーガナイザー。オンオフを切り替えるためプライベートと仕事用は分けて使いたいけど、正直たくさん持っていても活躍の場は限られているし……。役割が“パッキングのため”なら、買うのはひとつで十分なはず。それならシームレスかつジャンルレスに使えるモノを知りたい!

そこで今回、グッドなパッキングを見せてくれたのが、渡辺英暁さん。企業や自治体のブランディングから広告宣伝を数多く担当する、株式会社ラナエクストラクティブに所属。執行役員でありながら、プロデューサーとしてコンサルティングや自社事業のビジネスディベロップメントを行っているそう。

支店のある仙台への国内出張だけでなく、ビジネスリサーチや展示会の出展などでシンガポールや香港、バンコク、ジャカルタなどアジア圏への海外出張も多いとのこと。

仕事も遊びも全力で取り組める“軽さ”と“丈夫さ”!

まず見せてもらったのが、ビジネスシーンでも趣味の時間でも活躍しているというF.CLIO(エフ・クリオ)のバックパック、アッレグロ トート型リュック。リュックにもトートにもなる2WAYデザインはかなり使い勝手が良さそう。また、国内旅行もこれで十分という大容量なボディサイズと、ペットボトルや折り畳み傘が入る大きめのサイドポケットがお気に入りのポイント。

渡辺さんの趣味はサーフィンや外遊びで、プライベートはかなりのアウトドア派。軽量かつ丈夫で収納力がある機能的なバッグが好みだそうで、こちらのボディに採用された素材はポリエステル。多少雑に扱っても問題なし! カジュアルなデザインなのでシーンを気にせず愛用中だ。

NEXT PAGE /

程よい硬さがシワを防止!ウェア入れとして優秀なポーチ

さっそく中身を見せてもらうと、一番気に入っているというオーガナイザー、Sons Of Trade(サンズオブトレード)のアサイメントキットを紹介してくれた。サンズオブトレードは、カリフォルニア発のライフスタイルブランド。幅広いシーンに適応するデザインで、サーフィン、スケーター、バイカー、ビジネスマンなど様々な男性が手にしているのだとか。

このオーガナイザーは大中小の3サイズセットで、メッシュ素材のボディに入り口周りはフェルト素材という、非常に軽いつくり。大サイズは縦25.5cm×横31.5cm×幅0.5cmと、ドキュメントケースにもなる大きさ。メッシュ素材は程よく硬さがあるので、形を崩したくないワイシャツなどを入れるのにぴったり。プライベートでも、小旅行での着替えを入れることが多いそう。

アクティブ派の収納は、動きやすい“軽さ”を重視

上で紹介したポーチの小サイズは、コンタクト用品や歯ブラシといったものを入れるのに愛用していた。メッシュ素材で通気性がいいため、蒸れやすい洗面用具入れに適任! プライベートでサーフィンへ行った際、濡れた手で持っても安心だ。

また、渡辺さんが収納で一番こだわっているのが“軽さ”。ビジネスシーンで重いバッグやオーガナイザーをずっと持ち歩くと、肩こりや疲労の原因に。アウトドアシーンでは、フットワークが重くなってしまうため存分に楽しめなくなる原因になる。たかが収納、されど収納! 小さいものでも軽くするのが渡辺流だ。

ポップな見た目に反した、ハイスペックなポーチ

動物モチーフのポーチは、ベビーグッズ ブランド、Itzy Rizy(イッツィーリッツィー)のもの。アンジェリーナ・ジョリーやニコール・キッドマンなど、ハリウッドセレブも愛用しているアメリカで人気のブランドだとか。仕事だけでなく、プライベートの時間でも持ち歩く、大事なアイテムで、薬や替えのコンタクト、サプリなど、“何か”あった場合に必要なグッズを収納。空港のセキュリテーゲートですぐに出せるように、鞄内の出しやすいところに入れているそう。

実は裏地に防水加工が施され、水濡れにも強いとなかなかのハイスペックさ! キャンプなどへ行くとサプリなど濡らしたくない小物をジップロックに入れる人も多い。それより見た目もオシャレで、エコフレンドリーなのだ。

ビジネスアイテムはなんとコレだけ!

出張時は持ち物を必要最小限にするという渡辺さんだが、PCケースの中に必要なものを大体まとめているそう。スマホやペン、そしてノートPCを入れ、何かあればこれだけ持ち出して打ち合わせや会議に出ることもあるとか。

側面には手を通してケースを持ち運べるフープがついているので、ずり落ちる心配もない。休みの日も念のためPCを持ち歩くことがあるそうで、セカンドバッグ代わりにも使用。カジュアルテイストのコーディネートにもハマるデザインが◎。

 

デザインはカジュアルに、素材は軽く!

ビジネスシーンで使うとなると硬いデザインのものを選びがちだが、それではプライベートシーンにはちょっと重たくなる場合も多い。フットワークを軽くしたい、疲れにくい方がいいのは仕事も遊びも同じ!そんな時は渡辺さんのように、素材を重視してみよう。

軽くて丈夫な素材は、“外遊び”といったキーワードのモノに多い。だからこそ、仕事用でもあえて私服に合わせても問題ないカジュアルチョイスするのがオススメ。ONもOFFも大活躍するシームレスなアイテムに巡り会えるはずだ。

 
 
 
金光照子=取材・文
# Good Packing Guy# オーガナイザー# 出張
更に読み込む