https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1023-1/

晩夏、目覚めのとき 〜River Mouth〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

今回は「River Mouth」

サーファーにとって台風の発生は朗報だ。力強く、サイズが大きく、シェイプも美しい波を届けてくれるためである。しかし近年の猛威を見るにつけ、恐れを抱くサーファーも多い。とはいえ夏の風物詩である極上波への思いは捨てられず、被災した人たちの安否を思いながら、「どうか波だけを届けてくれ」といった勝手な思いが、我らの心には浮かんでいる。

写真も、この夏のもの。台風によって生み出されたスペシャルな波が、某所の河口で姿を見せた1枚だ。注目したいのは、グリッと美しく巻いたチューブがライトとレフトに現れているものの、無人なことである。

河口の波はセンシティブで、いくつかの条件が重ならないと生まれない。まずは雨が川の砂を流すこと。その砂が沖に洲を形成し、そこに力強いスウェルが正しい方角からやってきて、初めて美しい波は現れる。その様子は生き物といえ、ナマ物だから賞味期限は短い。台風が発生する夏が終わるとともに、姿を消していくのだ。

強大な勢力の低気圧(=台風)によって発生する力強いうねり(=グランドスウェル)があって、河口にはパーフェクトな波が出現する。その波は、多くの雨を降らせる梅雨明けに訪れる日本の夏の風物詩で、海外のサーファーたちにも知られるほどの高いクオリティを誇る。過去には各地の河口の波を狙って撮影クルーが来日。海外サーフィン誌の表紙を飾ったことがあった。今年も自然のサイクルがもたらすニュースが、各地の河口から到着している。


ペドロ・ゴメス=写真 小山内 隆=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーファーの自叙伝、米国ジャーナリズムの頂点へ 〜The Surfer’s Life〜
2018.10.09 / SEAWARD TRIP
緊張と解放が隣り合うスピードの世界 〜Speed Stars〜
2018.10.04 / SEAWARD TRIP
パラオ、4時間半で行ける青い島々 〜Blue Paradise〜
2018.09.19 / SEAWARD TRIP
クルマとは人生の一部である 〜As a Part of the Life〜
2018.09.18 / SEAWARD TRIP
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17