37.5歳の人生スナップ Vol.24
2018.10.08
LIFE STYLE

「実家の農場を大きくする」という夢を、IT事業で実現する男

連載「37.5歳の人生スナップ」
人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む

「実家の農場を大きくしたい」。そのために自分にできることとは?

実家が自営業や農家など、家族ぐるみの経営をしている場合、どこかのタイミングで「家業を継ぐべきか否か」という問題に直面する。

松本鉱大さん(33歳)の実家は、北海道美瑛町にある「松本農場」。北海道のほぼ中心に位置し、なだらかな丘陵地帯が続くこの町には「青い池」などの観光名所もある。東京ドーム10個分の敷地面積を誇る広大な畑と共に、松本さんは生まれ育った。祖父の代から続く農場経営。メインで育てているのは、「男爵」や「インカのめざめ」など7種類のじゃがいもだ。

「学校から帰ってきたら収穫の手伝いをするなど、子供の頃から当たり前に農場の仕事を手伝わされていました」。

4人兄弟の長男坊。当然、農場を継ぐことも視野に入れて育ったのかと思いきや、意外にも「まったく考えていなかった」と笑う。

「トラクターとかに興味が持てなかったし、好きじゃなかったんです。でも実家を大きくしたいという夢は、子供心にずっと持ち続けていました。だから自分ができることで、農場や地元を支援する職に就こうと思っていました」。

農場の仕事は、自分には向いていない。でも家業を大きくしたいという気持ちはある。そんな思いを持った松本さんは、現在Web事業の側面で松本農場を支えている。以前は大手一部上場企業で、役員まで務めた経歴をもつ松本さん。役員を辞め、独立するに至った経緯を教えてもらった。

NEXT PAGE /

北海道から、人脈ゼロの東京へ

小中高大、と学生時代をすべて北海道で過ごした。小学校は全校生徒を合わせても20人に満たなかったという。そんな松本さんが東京に出てきたのは、就職浪人がきっかけだった。

東京での友人やツテはゼロ。バイトを掛け持ちしながら、就活に勤しんだ。初めて東京で外食をした際、衝撃を受けたという。

「北海道の野菜がいかに美味しいか、実感しました(笑)。特にじゃがいもは、実家の味に慣れていたので衝撃でしたね」。

バイト先だったウェブ制作会社での仕事が評価され、そのまま正社員雇用されることが決まる。

「もともと松本農場のECサイトを作りたいと思っていて、Web集客の勉強も兼ねて入社しました。ちょうどその頃から、アフィリエイトも始めました」。

約10年前、アフィリエイト市場はまだまだ発展途上。会社の同期と副業で始めたアフィリエイトにのめりこみ、一時期は本業以上の収入をアフィリエイトで得たという。

「会社をやめてもいいなと思えるくらい、景気はよかったですね(笑)」。

そんななかウェブ制作会社が突然の解散宣言! 再び就活をしなければならなくなった松本さんは、アフィリエイターとしての経験を活かし、大手IT企業への入社を果たし、SEOディレクターという立ち位置を得た。

NEXT PAGE /

言いたいことは臆さずに言う

松本さんがすごいのは大手企業に入っても、それに甘んじることが一切なかったという点だ。

「入社して半年ぐらいですかね、期待していたような仕事内容ではなかったので、すぐに辞めようと思ったんです。でもそんなときにちょうど新規事業の立ち上げを任されたので、じゃあもう少し居ようかなと……(笑)」。

そこから7年間、モバイルマーケティング部の部長として走りつづける日々が始まった。事業部は急速に成長を見せ、利益を拡大。会社は一部上場を目指し始め、松本さんもその業績に大いに貢献したことから若干26歳で役員登用されることになった。

その柔和な笑顔からは想像できないが、松本さんは社長と何度もぶつかった経験があるという。「言いたいことは、誰が相手でも言いますね」と苦笑する。会社が一部上場を目指したときも、松本さんは反対していた。

「大きな会社になるにつれて、さまざまな制約が増えて自分のやりたいことができなくなるので、僕は反対でした。もともとWeb制作のアルバイトから現場を経験して、営業職をやった時期もあったし、チームの立ち上げからリーダー、役員と一通り経験したので、もうやれることはやったかなという満足感はありました」。

30歳で大手IT企業を辞職し、独立

反対があったものの、一部上場企業に成長した会社。そんな大企業にいながら20代で役員にまで上り詰めた松本さんだが、30歳で会社をやめることを決断する。安定した地位と収入。そこに迷いはなかったのだろうか?

「そもそも迷ったら行動しませんね。結局、行動することに悩むぐらいなら行動しなくたっていいと思います。必然だなと自分で思うからこそ、行動するわけで」。

基本的にネガティブなことは考えないという松本さん。「自分に自信があるわけじゃない……」と言うものの、その言葉からは自身の”選択”に対する絶対的な信頼感があった。

「今の時代って、別に会社に務めているから安心とか、安定なんてこと全くない。僕には特に通うオフィスも同僚もいないですけど、自分から人に繋がるようにしていれば、何も不安はないですね」。

現在は自身の会社を立ち上げ、松本農場のオンライン事業を支えると共に、さまざまな会社のアドバイザー職も務めている。独立したことで時間の自由度は格段に増えたが、会社員時代から変わらず続けていることといえば「毎日の飲み会」だ。

「飲みの場で、人脈や仕事が広がっていくことが多いので、夜は必ず人に会う予定を入れていますね。例えば打ち合わせで表参道に行くことがあったら、表参道付近で働いている人に自分から『いま近くまで来てるんですけど、今日ご飯どうですか?』とアポをとって、積極的に会うようにしています」。

先日も、そんな人との繋がりの暖かさを感じる出来事があった。

「クラウドファンディングで松本農場のじゃがいもオーナーを募集したところ、東京の知人がたくさん支援してくれたんです」。

知り合いゼロの状態から、東京で多くの仲間を得るまでに至ったのは、ひとえに松本さんの魅力的な人柄があるからだろう。ほとんど手作業で収穫されるという松本農場のじゃがいもを全国に届け、農場としてももっと大きくする。そんな夢を松本さんは自身の力で、切り開いていた。

【取材協力】
松本農場
http://matsumoto-farm.jp/

37.5歳の人生スナップ バックナンバー一覧はこちら

藤野ゆり(清談社)=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# 農業
更に読み込む