SEAWARD TRIP Vol.40
2018.08.25
LIFE STYLE

永遠の楽園、モルジブ 〜Tropical Hideaway〜

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Tropical Hideaway」

インド洋に浮かぶ、およそ1200の島々からなるモルジブは、地上の楽園と呼ばれる美しさから、長らくダイバーやハネムーナー、そしてサーファーから愛されてきた。

ビーチの砂は白く、そのため透明度の高い海は淡いターコイズブルーに輝く。点々とある島々には格調高いリゾートホテルが揃い、ラグーンに浮かぶ海上コテージをはじめとするゲストルームでは、多忙な日常ですり減った心身をリトリートできる。

もし滞在がウォーターフロントなら、部屋にいながら極上の癒やしを味わうことも可能だ。ベッドから起き上がらなくても、肌をなでるそよ風、耳に届く優しい海の音、眼前に広がる青の世界、夜には満天の星に浸れるのだ。

そして海の中ではマンタやジンベイザメといった大物に加え、群生するサンゴ、カラフルな熱帯魚を楽しめ、沖合ではグッドウェーブを満喫できる。世界各国から本格的なマリンアクティビティ好きが足を向ける、アクティブなデスティネーションでもあるのだ。

インド洋の真珠と呼ばれるモルジブは、26の環礁と、およそ1200の小さな島々によって成る国。1つの島に1つのリゾートホテルが基本で、活発にマリンスポーツを楽しんだり、スパで究極の癒やしを堪能したりと、美しい海に囲まれた優雅なリゾートライフを送ることができる。

現在日本からの直行便はなく、スリランカ、シンガポール、香港など、アジアの国でトランジットをしてのアクセス。経路によりフライト時間は12~16時間となる。


細田健太郎=写真 小山内 隆=編集・文

# seaward# モルジブ
更に読み込む