SEAWARD TRIP Vol.39
2018.08.23
LIFE STYLE

波と葡萄、自然に寄り添うライフスタイル 〜Longboarder’s Wine〜

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Longboarder’s Wine」

海上がりはビールが美味。夏であればなおさら。しかし欧州には、アフターサーフにワインを嗜むサーファーがいる。そしてカリフォルニアにも同類がいた。ナパと並ぶカリフォルニア随一のワイン銘醸地、ソノマで「ロングボード・ヴィンヤーズ」を手掛けるオデッド・シャケッド氏だ。

サーファーでもあるオデッド氏はイスラエル出身ながら、ワインを作りたいとカリフォルニア大学デービス校に入学。卒業後は他社で経験を積み、1998年、38歳で自身のワイナリーを作った。

サーフィンとワインの共通点を「動的なプロセスにおけるバランスが重要であること」と指摘し、「波というエネルギーの上で華麗にダンスを踊るのがサーフィン。その季節に収穫された葡萄で芳醇な味わいを生み、最後は飲む人の口内で優雅に踊るのがワイン。いずれも自然の恵みによるもの」と言った。

むろん、その生活は、ソノマ近郊で波に乗りながら葡萄作りと向き合う、自然のサイクルに寄り添うものである。

11歳でサーフィンを始めたオデッド氏は、波を求めて世界を旅し、地元に戻ってからはサーフボードの会社を創業。そのしばらくのちにカリフォルニアへやってきた。サーフィンとワインは、ともに人を惹きつけ、コミュニティを形成するほどの魅力を持つという。

そして、どちらもコントロールしようとするのではなく、自然に寄り添うなかでベストな方法を模索することが楽しいのだと、氏は教えてくれた。www.longboardvineyards.com


ロングボード・ヴィンヤーズ=写真 小山内 隆=編集・文

# seaward# ワイン
更に読み込む