https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0820-3/

「まるでバイロンベイ!」熊谷隆志が案内する千葉の最新秘密基地とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリストとしてだけでなくさまざまな分野で活躍し、オーシャンズ世代の先頭を突っ走る熊谷隆志さん。

そんな彼が、千葉に海好きにはたまらない宿泊施設が誕生! という情報を聞いて、いてもたってもいられなくなった模様。早速、現地を訪問してきた。

「熊谷隆志のお洒落で悪いか!」を最初から読む

海を見ながら眠りに落ち波の音で目が覚める

都心からクルマで約100分。房総フラワーラインを小道に入ると、いきなり目の前に現れる小さなヴィレッジが、ザ・チクラウミベースキャンプだ。

7棟のコテージは3タイプの部屋に分かれ、熊谷さんは、海に面した2階建てのHOUSE Cに宿泊。1階には広いキッチンとテラスがあり、2階に上がると窓の向こうに海が広がる、居心地最高のコテージがある。

ここの建物はすべてオーナー自ら設計や内装を考えたそうで、天井の高さや空間の取り方が抜群にいい。熊谷さんも「いつか我が家を増築するときの参考にしたい」と絶賛だ。

門をくぐると正面に水平線が。Sayori WadaやMakimachadoによる壁画も気分を上げてくれる。


★STAY

ブルーの壁が印象的なHOUSE C。階段を上がるとまず2階の窓から見える海に圧倒される。まるで大きなスクリーンを見ているかのようで、寝たまま波の具合をチェックできる。

HOUSE Cの1階は、向かって左がキッチン部分。テラスには屋根がある。
HOUSE Cのバスルーム。
HOUSE Cは最大8名まで宿泊可能。
HOUSE Bは、キッチンに面した広いテラスと巨大なパラソルが特徴。雨の日でもアウトドアダイニングが楽しめる。最大4名まで宿泊可能。

どのタイプの部屋も、キッチンだけでなくバスルームもかなり広めで、大きいバスタブでゆっくりバスタイムを堪能できるのもうれしい。


★COOKING

うちにもこんなキッチンがあったらいいなと思わせる、広くて機能的なシステムキッチンは、すべてのコテージに完備。バーミキュラをはじめ、最新の家電やツール、食器、カトラリー、調味料やハーブまで常備されている。

地元で獲れる房洲海老やサザエ、新鮮な野菜を近所で入手して、みんなでワイワイ料理を楽しみたい。

千葉は、野菜をはじめ、肉、魚とすべて地元産が揃う食の豊かな県。近くの「道の駅」で、安くて新鮮な食材を入手して腕を振るいたい。
食材のデリバリーもあり。また人気カフェ「FOREST Café & Dining」のランチをオーダーすることも可能。「FOREST STAND SENGAKUJI」のコーヒーもおすすめ。
鉄板焼きプレートからうどんやパン作りに必要な道具まで揃う。100%天然素材を使ったテーブルウェアブランド「Eco Sou Life」の食器を用意。


★SURF

千葉南屈指のサーフポイントである千歳の隣、千倉の海が目の前に広がっているのだから、サーファーにはたまらない。この日も朝4時起床で、いい波を楽しんだ。サーフィンしてから、海沿いの東屋でコーヒーを飲みながら仲間たちと談笑。こういう時間が最高。

昼間は自転車を借りて、近所の野山を散策したりするのもいいかもしれない。もちろん手作りのお弁当を携えてね。

海から上がったら、外に設置されたシャワーを浴びてから、東屋で朝食とコーヒーを。中央に置かれている丸い台は暖炉。冷えた体を温めることもできる。
ビーチ側から見たHOUSE C。サーフィン以外にも、サイクリングやランニングなどアクティビティはさまざま。インドア派は代官山蔦屋書店セレクトの本が揃うライブラリーで、本を借りることもできる。

ここでの正しい過ごし方は、サーフィンをして料理をして食べて、海を見ながら眠りに落ちる、ただそれだけ。これぞ贅沢な時間の過ごし方。

今回、熊谷さんは千倉の海に10年ぶりくらいに入ったそうで、波もなかなか良かったと満足げ。「そう、ここはなんとなくオーストラリアのバイロンベイみたいな雰囲気があるね。家族や友達を連れて、ぜひまた来たい」と感動しきりだった。

ザ・チクラウミベースキャンプ
住所:千葉県南房総市千倉町白子2521-4
電話番号:0470-29-5975
宿泊料[1泊、参考価格] HOUSE A:5万円〜、HOUSE B:8万円〜、HOUSE C:15万円〜
http://chikuraumi.basecamp.style



熊谷隆志(くまがいたかし)
1970年生まれ。渡仏し、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。東京・原宿にあるセレクトショップCPCMのディレクターを務め、ファッションからクラフト、ワークショップなどのモノ・コトを通して、本質的なウェルビーイングを提案している。東京・駒沢ではパーソナルショップ、ウィンダンシーを運営。また、グリーンライフにも造詣が深く、趣味はサーフィン。


熊谷隆志=写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
「テンカラ」で始まる、熊谷隆志さんの洒落た“釣りバカ日誌”
2018.01.12 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
「公私ともに欠かせない」と語る、熊谷隆志の厳選アイウェアとは?
2018.07.27 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
40男の一人旅。熊谷隆志、「死の谷」と呼ばれるアメリカ・デスバレーへ
2018.03.12 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
この夏、無二のキャンプ体験をくれる二カ所のスポット!
2018.07.28 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
こんなワガママも叶う!? グランピング専門サイトで夢の休日を実現!
2018.03.15 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12