https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0714-6/

そのままバッグにIN! 出張の達人に聞いた世界を旅する小分け術

このエントリーをはてなブックマークに追加

Good Packing Guy Vol.9
お気に入りのバッグを選んだはいいけど、“中身”はどうか。出張や旅行、通勤やおでかけまで、常につきまとうのがパッキングという作業。賢く効率的に荷物を詰めるテクニックを学べば、毎日がきっと楽しくなる。目指せ、Good Packing Guy!

「Good Packing Guy」を最初から読む

国内、国外、出張先は数あれど、当然環境や気候で持ち物は変わってくる。でも、その都度アイテムを揃え直していては無駄が多くなってしまう。国も天気にも影響されない、そんな便利なアイテムがあれば知りたいところ!

それなら、さまざまな国を訪れている人にアドバイスを仰いでみましょう。

バッグを見せてくれたのは、リゾートウェディングのリーディングカンパニーとして知られるワタベウェディングの久保 実さん。同社は国内外の挙式サービスをはじめ、結婚式に関わる衣装や写真といった事業を展開している。

現在、国内に約80拠点、国外に約40拠点というグローバルなネットワークを持つ企業の中で、久保さんはアジア・オセアニアの営業グループ、そしてアセアン新規事業のグループに属しているそう。

そのため海外挙式の新規会場やエリア開拓のため、アジア・オセアニア方面を中心に年間10 回以上の海外出張に行くなど、まさに世界を股にかけて仕事をこなしている!

そんな久保さんの出張スタイルは、カジュアルでありながらビジネスシーンにもしっかり対応できる身軽なもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
慌ただしい海外出張を、達人の収納術で有意義&ノーストレスに!
2018.08.04 / Good Packing Guy
「常に美しく堅牢たれ」。出張の達人に見習う、仕事バッグの選択眼
2018.07.27 / Good Packing Guy
出張の達人に聞く。クールなビジネストリップのマイルール [その2]
2018.07.08
全国を飛び回るビジネスマンが選ぶ、本気で使えるバッグ&収納テク
2018.07.07 / Good Packing Guy
カンカン帽にストライプ。クラシカルに洗練したサマースタイル
2018.08.18
キーカラーにこだわり、相性良く。スポーティをシャレて見せるコツ
2018.08.18
自然体な着こなしにカルティエを。アーバンな大人の袖捲り演出術
2018.08.18
無地にショーツにサンダルに……ユルさを引き締めるハイテクバッグ
2018.08.17
緑が効いたシティ派モード。シルバーバングルで自分らしさを演出
2018.08.17
ブルーグラデに隠れた仕掛け。首元のカモフラ柄がハマってる
2018.08.17
ひと目でわかるリッチ感。涼しげなシャツからもセンスが伝わる
2018.08.16
ロングシャツをタイトに着こなす。足元の”遊び”で絶妙なバランスに
2018.08.16
夏感あふれるモノトーン。ショーツの丈感もちょうどいい
2018.08.16
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15