Dr.コパの“本当は誰にも教えたくなかった”成功術 Vol.1
2018.05.05
LIFE STYLE

Dr.コパが“本当は誰にも教えたくなかった”5月の運気アップ術

秘伝の風水と豊富な人生経験を駆使して人々の悩みを解決するDr.コパ。本連載は、オーシャンズ世代が抱く仕事やお金といったさまざまな悩みを、Dr.コパが実践してきたとっておきの成功術で解決しようというもの。

今回は、来る新時代への心構えと、不動産についてのお話。成功のひとつの目安である「50歳までに1億円を手に入れる」という目標を目指して、さぁ、“やってごらん”!

来年のちょうど今頃には、いよいよ新天皇が即位し、新たな御代が始まる。平成が終わり、次の新しい時代が始まるんだ。オーシャンズ読者の皆さんは、ほとんどが平成の時代に思春期を過ごし、仕事に就き、結婚して家庭を持ち、子育てを始めた世代だろう。つまり、平成時代に人生のベースを築いてきた。

そして、来る新たな御代は、これまで積み重ねてきたことを活かして自分を完成させる、いわば人生の集大成となる時代になるはずだ。その新しい時代を、どんなふうに過ごすのか。このことを1年前の今から、少しずつ考え始めようじゃないか。

1年なんてあっという間だからね。ちなみに僕は昭和を生きてきた世代だが、風水に関しては平成にベースがある。だから、次の時代は皆さんと同じように集大成と捉えて、少しずつ準備を始めているよ。

さて、風水における5月は“不動産の月”。不動産に積極的に触れることが運気アップのカギとなる。一方、一年で最も気持ちのいい時季である5月は、外に出て太陽の光を浴び、大地をしっかり踏みしめることで良い運気をたっぷり吸収できる月でもあるんだ。

そこでおすすめなのが、不動産巡り。爽やかな気候を楽しみながら、住んでみたい土地や物件をアチコチ見て回るといい。不動産巡りは、目的地の運をもらいにいくことでもあるから、自宅から少し離れた場所のほうがいいね。

ただし、方位は慎重に。不動産を見に行く際、最も重要なのは凶方位を避けること。今年は南、北、東南が凶方位だから、自宅から見てこの3つの方角にあるエリアは候補から外しておこう。

そのうえで、将来自分が住みたいところをじっくり考えてみてほしいのだが……大切なのは、来る新しい時代、人生の集大成となる時代をどんな土地のどんな家で過ごしたいか、具体的にイメージすることだよ。

もし、目的地がなかなか決まらないなら、凶方位以外のパッと思いついた方位から、なんとなく気になるところを選んでとりあえず行ってみるのもいい。自分ではまったく意識していなかった場所に行くと、将来の良い展開につながるような出来事に遭遇する確率が高まるんだ。思わぬことに触発されて、新たな夢や目的を持つきっかけになったりもする。僕はわりと、こっちの思いつき派で動いているほうかもしれないね(笑)。

最後に。風水において、不動産は良くも悪くも運を左右するとても重要なものなんだ。よって、単なる金儲けを目的に闇雲に手を出せば、あとできっと運気のしっぺ返しが来る。不動産を手に入れるなら、必ず自分が住みたいと思えるものにすること。そして、金銭的な利益のためではなく、あくまでも自分自身への投資のために活用したほうがいい。生活をより豊かなものにするため、仕事で飛躍するために購入した吉方位の不動産なら、価値が下がっても運気は上がるはずだから。

さあ、5月は1年後に始まる新時代の自分を思い描きながら、不動産巡りで運気アップ。ぜひ、やってごらん!

Dr.コパ
日本の伝統建築・風習などに基づく開運法や風水開運理論の第一人者。ほかにも建築家、神主、愛知工業大学の客員教授、実業家といった多彩な顔を持つ。また馬主としても有名で、昨年はコパノリッキーが引退レースで勝利し、歴代最多となるG1レース11勝をマークする快挙を達成。今年2月には期待の新馬、コパノキッキングがデビュー戦で8馬身差の圧勝を飾り、注目を集めた。

Dr.コパ=題字 押条良太(押条事務所)=取材・文 藤本晃司=イラスト

# Dr.コパ
更に読み込む