https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0416-1/

アフターサーフも満たす旅先へ 〜Surf and More〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただくつろぐだけでも気持ち良い時間を過ごせ、サーフィンをした瞬間に人生は大きく変わってしまう。ひとつのシーンからそんな海の魅力を発見していくコラム。

「SEAWARD TRIP」を最初から読む

今回は「Surf and More」

サーフトリップには大きく2種類ある。1つは、ひたすら波だけを求める合宿の類い。好例の目的地が波の宝庫、バリ島だ。もう1つが、サーフィン以外の物事も重視するもの。多彩なカルチャーが共存するカリフォルニアへの旅などが当てはまる。そして日本には後者のデスティネーションが多くある。ここに紹介する秋田は東北屈指の波が立つ場所。本格的なサーフシーズンとなる冬を中心に、通年で波に期待が持てる。

一方、海から離れても好奇心をくすぐる要素に事欠かない。登山やトレッキングは、出羽富士と呼ばれる名峰・鳥海山、花の名山として知られる秋田駒ヶ岳をはじめとした山々で楽しめ、また鳥海山では、春先までバックカントリーのスノーボード&スキーが堪能できる。さらに秋田は美酒王国であり、海上がりの酒蔵めぐりはこの土地ならではの楽しみ。スペインが誇る海辺にある美食の街サンセバスチャンのように、日本屈指の質を、波と食で味わえるのだ。

サーフィンに高難度テクニックのエアリアルを持ち込んだパイオニア、クリスチャン・フレッチャーの母ディビは、かつて「サーファーなら旅先でミュージアムくらい行きなさい」と言った。

波のことばかり考えるのではなく、広く世に目を向け、波の上で表現しなさいと言ったのだ。自身がアーティストとして活動するゆえの言葉でもある。が、旅は人としての見識を広める格好の手段。サーフィンの旅先にも、さまざまなインスピレーションを得られる場所はある。

高橋賢勇=写真 小山内 隆=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひとつの波に乗れるのはひとりだけ 〜One Man One Wave〜
2018.04.07 / SEAWARD TRIP
森の国で育まれた優しいアートセンス 〜Swedish Talent 〜
2018.04.04 / SEAWARD TRIP
今夏、本格的なアウトドア生活へ 〜Viva Outdoor Life〜
2018.03.09 / SEAWARD TRIP
グーグルアースで見つけた波 〜Surf Frontier〜
2018.12.10 / SEAWARD TRIP
定番色、派手色、挿し色など、シンプルで大人っぽく装う男たちの色使いのコツ
清潔感が漂う男の理由はネイビー、もうひとつは……
2018.12.18
ストリートな装いがミルキーホワイトでマイルドに
2018.12.15
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14